2017年05月12日

実家の整理で見えてきたこと

4月から5月にかけて


実家のた〜くさんの荷物を整理していると出てくるのが


両親の若かりし頃の写真と母の弟妹からの手紙。



写真の古いものは


父親の働き盛りの頃の写真や給料明細など


そこには自然体で楽しそうに映っている父の姿と


彼方此方と旅行に行った時の母の姿。



思い出したことが


母は写真に凝っていたときがあったような・・・


だから自分が写っている写真よりも

行った場所の風景や一緒に行った方たちの写真が多い。



そして


大事に取ってあったのが

妹から届いていた手紙類。


母は4人兄弟の一番上で

弟 妹 妹 という順番で

一番下の妹は戦争で亡くなっている。


当時離婚して新潟に住んでいた妹からの

報告や相談の手紙が一番多く

病気になって名古屋の病院に入院して

新潟に帰ってからの手紙も多かった。



当時の伝達手段としては

電話か手紙だったので

こうして大事に残してあれば

何十年たっても目にすることができる。




私が子供だった時に

両親は当たり前に大人だったし

自分のことで精いっぱいで親のことなど考えてみたこともなかったけれど

こうして整理をしていると

今までほとんど気にすることのなかった

両親の若かりし頃や生き様の一部を見せてもらったように感じて

愛おしさでいっぱいになったし

申し訳なさで泣けてきた


今一番思うのは

親思う心にまさる親心 ということ。

もっともっと大事にしてあげればよかった

untitled2



posted by chicchi at 23:59| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 悲しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

人付き合いの信頼関係は一瞬で崩れる

実家の整理に出かける日が多くなりました。


今日は

ピアノの買取と主に着物類の買取をお願いして

お昼12時から夜6時過ぎまで実感で過ごしました。


そして一瞬で崩れてしまった関係は

着物買取の女性から受けた気持ちです。


この彼女とは

連休前の4月最終週に

一度査定に来て頂いて

和ダンスの中の品物を品定めして頂いて

今日が引き取り日でお願いしていました。


着物の入ったタンスは2棹あって

主なタンスの査定はほぼ済んだ状態でした。


2時間以上をかけてタンスの中から


たくさんの着物を持ち帰って頂くことになりました。


買取価格は、

着物〇〇着分と金を使ったアクセサリーなどで

全部で¥4000のお値段がつきました。 


この値段が安いのか否かは私にはわかりません。


ゴミとして処分するのではなく

黒の喪服 ウールでできた着物 シミのついた着物などは値段が付かず

本当にお値段のつく着物はほとんどない状態でした。


そして

いざ彼女の車に

膨大な量の着物類を積み込む時に

私は見つけてしまったのです。


手つかずの帯上げが

そのお持ち帰りの着物類の中に見つけ

思わず品物を引き上げていました。



私は

実家の品物と我が家に眠っている品物をバザーに出そうと

手元に置いておきたい品物と合わせて

色々探ししているところだったので

手つかずの値札の着いた帯上げなどを持ち帰るつもりでした。


そんな話もしていたので、その女性のことへの信頼は

一辺で失せてしまったのです。


値段の着いた新品は

バザーに出した方がよいでしょう・・・と言っていた彼女が

私が信頼してよそ事に気を取られている時に

こんな行為をしていたのか と思ったら

悲しくなってしまったのです。


誠意は最後まで貫かなければ


2回を通して

結構いろんな話をした相手だったので

残念でなりません






posted by chicchi at 23:24| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 寂しさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

原因と結果B

ゴチャゴチャ言いながら

いつも反省を繰り返している私も

そろそろ年貢の納め時。



言ったことに

すぐ否定的な言葉で返事が返ってくる旦那の習性に

僻々しての30年なので

散々愚痴ってしましましたが

引き受けなければなりません



ソウルメイトだと言われようが

合わないものは合わないので

死ぬまでお付き合いをしていかなければ


でもこの付き合いも今世まで。


来世は違う関係になることを信じて

この修行を受け入れていきます。


物事の見方は違っても

感じ方は同じ人と

楽しく穏やかに暮らしていきたいからです



一々ブツカルことなく暮らしていきたい と思っているだけなのです



untitled

posted by chicchi at 20:28| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

原因と結果A

そして完全退職する少し前から


物忘れが多い 酷い

オカシイと思い藤谷先生に見て頂いたら

認知症の始まる だとか。


さてさて策を講じないと


100歳100歳のギンさんの娘さんたちの長女が

記憶障害が出てきた時に

有意義だったのが お料理 だったことを

テレビの中で知りました。



そして思いついたのがお料理。

彼担当はお料理と

以前より担当だった玄関の鍵かけ・お風呂のお湯入れなどなど

脳みそにヒマを与えないよう色々な役割を担当してもらうことにしたのです。


ところが大事大事に育てられた旦那は

気遣かないこともたくさんある人で

その点でも私はイライラしっぱなし


デリカシーがない というのは

友達に旦那の話をしたときに言われて

今までのモヤモヤしていた気持ちが一辺でスッキリしてしまったのでした。



唯一の肉親の母親が色々教えなければ気づくこともなく

兄弟がいないので

人のふり見て学ぶこともないですし

本人にも感性が育ってなかったようで

付き合っていたときにも?マークがいっぱいついた人だったのに

何で結婚しちゃったんだろうなぁ


それが最大の謎なんです


8d92a0a4




posted by chicchi at 22:45| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

原因と結果@

膵臓を患っているのにもチャンと意味がある。

意味があった ということに気付いたのです。


その原因は夫。

夫と暮らすようになって早や32年。


会社勤めで家にいない時間が長かったときは

流されていたことも

60歳で定年再雇用で

週3日元の会社で働いていたのが

昨年の2月から完全に家にいるようになり

目につくようになったこと。。。。


それはいい加減さ

取敢えずが持前で

自分の興味のあること以外は取敢えずで満ち満ちている。


昭和24年生まれの一人っ子B型。

中学生の時に父親をガンで亡くし

母親に育てられた昭和の男子。


兎に角大切に育てられた年代だ。


だから気が利かないのは天下一品

同じ失敗を何度もする。


価値観 考え方が違うのこんn私たちですが

ソウルメイトなんですと


私はYAMAHAの仕事が面白くて夢中な36歳の時に

お見合い結婚をしたのですが

すぐに後悔してもう32年。


一つの話がスムーズに進まない面倒臭さに

 離婚して欲しい と言い続けていたのに

その願いも叶わず

一人暮らしを夢見てアパート情報を探して続けてきた32年でした。


7f65583e




posted by chicchi at 22:35| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

枇杷葉で健康=自然療法

14年前子宮頸がんを患って


子宮 卵巣 脚のリンパ節を取ってしまい

それで治る・・と思い込んでいた私が出会った

安保徹先生の書かれた「免疫革命」という本。

この本に出会ったことで

私の本格的なガン治しの3年がスタートしたのです。


52歳の春でした。(若い)

ガンになったことで

新しい出会いがありその中の大きな出会いは

NPO法人「ガンの患者学研究所」と「引き受け氣功」でした。


「引き受け氣功=引き受け人間学」は今もずっとお付き合いが続いています。

「ガンの患者学研究所」では

名古屋支部のお世話役として

毎月1回の患者会の集まりを設定して

同時に お手当軍団 として

昔からの治し方 お手当の方法を学び

お手当講習会では

参加された患者さんたちが家に帰ってから実施できる

お手当実践のお手伝いをさせて頂いてきました。


手術 放射線 抗がん剤 に頼るのではなく

昔からある 身体に優しいお手当を学んで根本から治していく。

ですから

資料も実践方法も知っているので

今日は実家から枇杷の葉を摘んできて

腎臓 肝臓 に当てて様子をみます。


本当は 枇杷葉こんにゃく という

枇杷葉の上から温めるお手当をするのですが

枇杷葉を患部に当てることでも

効果は出るので様子見です。

お風呂から出て枇杷葉を当てていますが

胃が随分楽になってきています。


枇杷葉こんにゃく



枇杷葉療法健康会
posted by chicchi at 23:59| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

膵臓ですって・・・

最近 というか数か月前から


食べた後数時間がたっても胃もたれを感じて


食欲を控える時がありましたが


数日前に


東京から大阪に車で帰られる藤谷先生が

膝の調子が悪い主人の為に

わざわざ家の近くまで来てくださいました。

その時に私の現状をお話ししたら


背骨の〇番がズレていて

そのせいで膵臓に負担がかかり胃もたれが起こっているんだとか



確かに

去年の引き受けセミナーの時に

膵臓が悪い と指摘されましたが

セミナーで一緒に引き受けていると

治ってしまうので

その後すっかり忘れていましたが

この所のズット続く胃もたれと先生の指摘で

思い出しました。


ネット検索をしたら

膵臓の調子が悪くなると

胃に症状がでる と書かれていたので

本気で立て直していかなければ・・・と

真剣に思っています


背骨がズレてしまうのは

何事もネガティブに捉えてしまう心の持ち方が影響するのです


これからは笑って暮らしていこう 

03fd0ba6.jpg




posted by chicchi at 22:59| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

朝から引っ越し

朝の9時前に引っ越し業者さん到着。


荷物を乗せて10:30分に岐阜県岐阜市粟野西に向けてGO!

1時間30分で娘の借りたアパートに到着して

フローリングに雑巾がけをしながら

業者さん到着を待つ。


2階建ての1階なので

防犯が心配だったのですが

丁度前に一軒家が建ち

目隠しになって心配はやや緩和したのですが

何せ山が迫り田んぼに囲まれた地域なので

虫が多く、どこからともなく部屋に入り込んでくるようです。




途中市役所に転居届けを出して戻った時

部屋の中に ムカデの子供が入り込んでいましたから




DSC_0995.jpg

前の家と右側はお隣のベランダ

DSC_0993.jpg


前に家が建っているので、景観は良くないかもしれませんが、

それが却って安全だと感じました。



電気会社が通電に来て

CATVがネット繋ぎとテレビ開通に来てくれた後に

市役所に向かいましたが

アパートから結構な距離がありましたね



2重鍵 お風呂と洗面所に窓開け換気があり

1LDKなのですが収納場所が多くきれいな印象を受けました。


ベランダも広く南向きで

洗濯物もよく乾きそうです。


ベランダ側の窓にはカーテンを施し

窓には防犯対策用のカギをつけて

女性ものと分かる洗濯物は外には干さない様

当たり前のことを教えましたよ24154.gif


ただ1点は、

比較的近くに高電圧鉄塔が立っていること

電磁波の問題が気になりました


6月中にはPCは届き

ソファとbedが入り

部屋らしくなることでしょう

DSC_0997.jpg

夕方少し暗くなりかけた玄関を出た所のオシャレな空間。

DSC_0996.jpg


夏には長良川の鵜飼い参加に行くつもりですが

それ以外に

遊びに行くにはチョット遠すぎます

大学卒業と同時の寮住いの時とは違って

持ち物も本当に増えました。


本当の家離れだと感じました



出て行った後の

掃除機のかかった娘の部屋を覘いて・・・


乗り越えていかなければなりません。

夫と二人の生活には工夫が必要です。

頑張れ 私



DSC_0999.jpg


posted by chicchi at 23:58| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寂しさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

2度目の旅立ち

娘の新しい就職先が岐阜県に決まり

家を出て一人暮らしをしながら勤めるため

明日の朝家を出ていきます。


前回名古屋市内での寮生活だった時とは

大きく違い

今本当に寂しさが込み上げてきます21572.gif


要するに子離れが出来ていないのでしょうね20297.gif


どんな形であれ

子どもはいずれ親元を離れて独立をします。

そんなこと頭では分かっているのですよ。

でも

子どもの年齢と親年齢が開きすぎていて(子供26歳 親68歳)

この別れが堪えるのです22441.gif



暫くはこの寂しさを紛らわせる為に

何かを見つけなければなりませんね。


キチンと伝えておきます。

今までありがとう。



自分が小さい頃にとてもお世話になったことを忘れず

父母の面倒を看てくれてありがとう。

楽しい時間でした。

これからはお父さんとケンカをしないよう

暮らしていくようにします。

後何年親子いられるのか分かりませんが

そんなに長い時間ではないのでは・・と思っています。

あなたも良き理解者を見つけて

楽しく生きていってくださいね41635.gif


51-1.jpg



posted by chicchi at 23:58| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 感謝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

脳の働きを活発にして・・・

認知症を予防しよう



【講師】

名古屋市立大学元学長 名誉教授  西野仁雄(にしの ひとし)さん


いかに発症を遅らせるか

いかに軽症に済ませるか

そして認知症にならないよう予防に努めるか。



脳神経細胞は大変柔軟なので

いくつになっても

良い刺激を与えれば与えるほど活発に元気になります。



その為には


日常生活において


・食事・・・バランスよく楽しくいただく

・運動・・・手足口を使う
   発声 ぱ  た  か

・興味(好奇心)

・関心

・人との関わり・・おしゃべり 歌 笑い

・感動する心

・感謝する心

大切にして、前向きに能動的に生きることが一番です。

「追伸」

手足口を使う

手を使う=楽器演奏は(ピアノ ギター ヴァイオリンなど)
最も脳に刺激を与える動作です。

グー チョキ パー  マッサージ 手を擦り合わせる

お手玉 習字 切り絵 折り紙 クルミなど。

足=よく歩く 走る と記憶を担当する海馬 の
神経幹細胞が活性化されて
記憶が良くなることが分かっています。


口=おしゃべり 歌う 笑う 音読するなど普段から声を出し
舌をよく動かすことを心がけましょう。

脳の感覚野や運動野では手と顔・口の領域とが
互いに影響し合っています。
口を使うことが手に
手を使うことが口が活性化されるのです。

「まとめ」

1.食事をよく噛み、ゆっくり楽しくいただく
2.よく運動をすること、特に 手、足、口をよく使うこと
3.人の輪の中に入り、社会とのネットワークを築き
  よくおしゃべりをし、よく笑うこと
4.共助と共生に努め、感動と感謝する心を忘れないこと。

1004970_3


posted by chicchi at 23:59| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする