2017年04月11日

浅田真央引退に韓国からも惜しむ声「良いライバルだった」

10日、フィギアスケート浅田真央選手(26)が現役引退を発表した。

これをうけて浅田選手と同い年でジュニア時代から
ライバルとして共に活躍してきたキム・ヨナ選手の出身国
韓国でも多くの関心が寄せられている。


韓国の最大ポータルサイトNAVERの最新検索ワードで、
最高2位を記録。

3時間たった現在も5位をキープしている。


また、韓国のネットユーザーは
「真央がいたから、今のキム・ヨナがいるのではないか?お疲れ様。」
「本当にこれまでご苦労様でした」
「良いライバルだったよ」
「真央も引退するんだ。ライバルだったけれど、なんか好きだったよ。
ちょっとジーンとしちゃうね。」

「ライバルとしてお互いに成長しあったと思う...拍手を送ります」
「選手間の競争とライバルは必ず必要だ!浅田真央選手ではなく、
他の選手だったらキム・ヨナ選手のライバルになれただろうか
疑問だったほどの影響力があったと思う。」など、
キム・ヨナも認めた最高のライバルとして、
浅田選手へのねぎらいのコメントが多く見られた。


浅田真央選手は12日、引退会見を行う予定だという。

10年のバンクーバー五輪ではトリプルアクセルを3度成功させたが、
ライバルだった韓国のキム・ヨナ選手に及ばす銀メダルとなった。

競技生活の集大成として臨んだ14年のソチ五輪では6位に終わったが、
フリーで完璧な演技を見せ日本中を感動させた。


兎に角

真央ちゃんお疲れさまでした。

私は、あなたの滑っている姿に惹かれて

ズット応援していましたよ

小さな時から頑張っていたあなたの姿が微笑ましくて

娘よりも1歳年上のあなたのことが気になってね


ネットサーフィンをしていたら

以前から言われていた

もう既に身体はボロボロでも

引退できない事情があったようなのですが

ここへきて

やっと本当の意味での新しい出発ができるのですね


一流のアスリートであるあなたが選ぶこれからを

変らず応援していきます



しかし、真央ちゃんの性格が表れた引退記者会見でしたね。



どの質問にも誠意をもって受け答えをしているあなたの姿は


本当に好感のもてるものでした41635.gif


みんなに愛されてアイドルだった浅田真央さん

長い間お疲れ様でした

ひょっとして高橋大輔くんと〇〇するなんてありですか



posted by chicchi at 23:41| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

映画 「チア☆ダン」から学んだこと

映画「チア☆ダン」を観に行きました。


「チア☆ダン」

実話を元に作られた映画なのですが

3/26日の朝刊に “福井商高チアリーダー部 JETS” が

全米5制覇を達成した という記事が挙がったのと

上映回数が少なくなってきていたので

今日重い腰を上げて映画館へ。 


主役の 広瀬すずさんは綺麗でどんな役も自分のものにしてしまう


魅力的な女優さんです。


前髪を下していてもアップにしてもどちらもお似合い


美人は得ですね。

見惚れてしまう



顧問の先生役の 天海祐希さんもこういった役はお似合いでステキ



生徒も顧問も素人でチームを結成して


僅か3年で全米大会で優勝してしまうなんて


どれだけ凄いことですか


しかも体形的にも

外国人の方が有利な状況の中での優勝って


たくさんの練習はもちろん

強さの理由に 自分に出来る!と暗示をかけること

なりたい自分を鮮やかに想像するために

部員全員が書き続けている「夢ノート」の存在はありました。


夢ノートとは


目標を目で見て確認できるように、各部員が書き続けているのが「夢ノート」だ。

「足を高く上げる」「三回転ターンを成功させる」などの
小さな目標から「全米優勝」などの大きな願望まで「夢」を書き込み
実現したら印を付ける

「できた」と確認することで、次の目標も達成しようという意欲が高まる。

五十嵐教諭によると、
その積み重ねで部員が自信を持つようになっていくという。
(3/26付中日新聞より)


他の方の話でも出てきていたので

遅ればせながら 私も 夢ノート 作ってみようと思っています。


夢追うチア全米5連覇 映画モデルの福井商高JETS



22時からのテレビ「Mr.サンデー 世界フィギュアSP!!」 に


羽生結弦選手と 宇野昌磨選手が生出演してましたが

いやぁまだ22歳と19歳の二人なのですが

話す内容のレベルが高くて惹き込まれますね


どの分野の方たちでも

一流の方々は皆さん素晴らしい












posted by chicchi at 23:53| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生フリーで初のノーミス 世界最高点更新

「フィギュアスケート・世界選手権」(1日、ヘルシンキ)

男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位の羽生結弦(22)=ANA=は

今季初めて全てのジャンプを着氷する完璧な演技を見せ、

フリー223・20点の自己ベスト、合計321・59点をマークした。


フリーの得点は自身の持つ世界最高記録を更新した。


冒頭の4回転ループ、続く4回転サルコーを着氷。


これまで一度も試合で決められなかった

演技後半の4回転サルコーからの連続ジャンプもきっちりと決めた。



雄大なメロディーに合わせてしっとりと演じきると、

最後のスピンからフィニッシュのポーズにかけて、会場の拍手が鳴りやむことはなかった。





リアルタイムで


テレビ前にかじりついて観てましたが


久しぶりに完璧な演技でホットしました


やっぱり彼は


人を引き付ける 王子様キャラ なんだと思いますね



1位 羽生ゆづる選手


2位 宇野昌磨選手


日本頑張っています。



来年の平昌冬季五輪の出場枠3を得ました




昨日のバイキングに出演した

安藤美姫さんが

今日の予想を解説してくれていましたが

総合司会の 坂上忍さんに

「羽生選手は普段どんな感じなのですか?」と振られ

その答えに避難が集まってしまっているみたいです。




その解答に


私はふ〜〜んと思っただけでしたが

ファンともなればそうもいかないらしいです。



安藤美姫さんはヒール役なんですね





私は、裏表の余りない女性なのかな と思いますが







posted by chicchi at 00:25| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

言葉ってすごい!

何で今頃


何を今更



ありがとう という言葉には


凄いエネルギーがあり



ごめんなさい という言葉には



色々な事柄や物事から解放され

ふんわりと優しい心になることができる



この2つをしっかり使うことができたら

大体のことは上手く運ぶんじゃない



でもこの2つの大事な言葉を

心を込めて使っている人って

私も含めてどれだけいるのだろうか




続きを読む
posted by chicchi at 23:07| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

映画「シロウオ」 原発立地を断念させた町

9/22(祭)に刈谷総合文化センター小ホールで行われる
自主上映会の実行委員のお仲間に入れて頂いていますが
今日の夜7時から
ラストスパークもかけて
地元のラジオ局発信の番組に
代表者2人が番宣で出演しました。

Pitch FM というアプリをダウンロードして
20分ほどの番組を聴くことが出来ましたが
男女お2名の実行委員の息もピッタリ。

ナビゲーターの先導で
上手にまとめての情報提供ができた という感想です。

あとは当日たくさんの方に
会場に足を運んで頂きたいのです。

この上映会の参加は
もう既に動き出していた実行委員会に
名乗りを挙げて、参加させて頂きました。

自己流のイベント開催の方法しか知らないので
勉強させてもらいたくて参加を決めましたが正解でした


私より遥かに若いメンバーさんたちは
流石にフットワークが軽く
しかも体力があるので粘りも利く。

この映画を一人でも多くの方に観て頂きたい

この思いから集まった男性4名 女性5名の
メンバーさんたちの行動力が素晴らしいのです。

本当に勉強になることばかりです

貴重な経験をさせて頂いています

映画「シロウオ」 原発立地を断念させた町


posted by chicchi at 23:20| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

レスリング 吉田沙保里選手の涙 エ〜〜〜〜 私70歳越えしている

やっぱり・・・

4連覇をかけた吉田選手が金メダルを逃した試合直後と
表彰式で涙を流し続けた事に対して
中尾ミエさんとミッツ・マングローブさんが
テレビで 辛口コメントを発言したことは知っていましたが
やっぱりこの発言は炎上していたのですね

銀メダルで号泣する吉田沙保里に中尾ミエとミッツが辛口コメント



吉田選手が抱えていた重圧や
2014年に亡くなったお父さんのことなど
たくさんの思いを一人で抱えていた大変さは
お二人には分からなかったのだ と思っていました。

だって
親って亡くしてはじめて分かることがたくさんあるからです。

しかも
レスリングを指導してもらっていた師匠である父親を
くも膜下出血で突然亡くしてしまったのですから
その衝撃は想像も出来ないくらい大きなものだったと想像します。

しかも4連覇して現役を引退しようと思っていたのではないでしょうか

でもね 吉田沙保里選手。

オリンピックの試合前に流れた映像で
貴方を先頭にレスリング選手の方たちが
ハードな練習をしながら頑張っている姿を見て
後輩は貴方の後姿を見て憧れて
確実に育っていましたものね。

貴方がこの先選手を続けていくのか
引退するのかは分かりませんが
どちらにしても
このことは胸を張っていいことだと思うのですよ

そして、私たちも
貴方の頑張る姿に
たくさんのありがとうを頂きました。


お疲れ様です。

少しゆっくりしてください。
そして次に進んでください。

体操の内村航平選手も
随分長い期間ワクワクドキドキさせてくれてありがとうございました。


日本男子体操団体競技  個人総合体操競技 金メダルおめでとうございます

少しゆっくりしてくださいね


そして4年後の東京オリンピックでは
まだまだ若手選手の活躍を期待しています


エ〜〜〜〜

私70歳越えしている

posted by chicchi at 23:15| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

リオオリンピック閉会式

色々あった夏ですが
最近一番心に残ったのは
やっぱりリオオリンピックです。


メダルを取った選手
逃した選手

それぞれにドラマがあって
新聞を見るたびに胸を熱くしてきました。

南アメリカで初めてのオリンピック開催でしたが
ブラジルは貧しい国でもあるので
開催には反対する国民がたくさんいて
ここで開催するのは如何なものか・・・との議論もありました。


でも私は純粋に
たくさんの感動を貰い
たくさんのドラマを垣間見ることが出来たのは
ステキな時間でした。


次はパラリンピックへと繋ぎます。





そして東京オリンピックへと


posted by chicchi at 17:59| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

毎年恒例の痛みと諸々

何十年前になるのでしょうか

夏場になると針灸にかかる状態になってしまうことが


今年も間違いなくやってきました。

朝腰に痛みを感じていましたが
レンタルしていたDVDを8話分みて
昼寝をした後から不味い状態に・・・・


起き上がれない
歩けない

これって不味い
すっごく不味い。

今日中にお世話になっている治療院に飛び込まなければ

先生と色々お話をしていて気づいたのは
まず夏風邪が治りきっていなかったこと。

その後お遍路の旅で
お寺を回って汗をかいたまま
着替えずに新幹線に乗って冷やしてしまったり
この所キチンとお風呂に入らずシャワーですましていたり
クーラーを使わないので
ヨガマットにタオルを敷いて布団で寝ていなかったり

ビールを飲んで身体を冷やしていたり
思い当たることばかり


早速今日はお風呂に入り
腹巻をして布団で寝ます。

オリンピックは
本当にたくさんの感動をもらえますね

体操 水泳 卓球 カヌー など
若者たちが頑張っている姿は素晴らしいです

涙なしでは観ることができません




posted by chicchi at 23:16| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

もののけ姫

1997年放映された「もののけ姫」を
テレビで観ています。

19年前に初めて映画館で観たときの驚き。

アニメでここまで というか
実写よりも遥かに美しい画像と
物語の奥深さに改めて感動しています。

映画館の大きなスクリーンで観たときよりも
19年年をとった今の方が伝わってくるのです。

宮崎駿監督は構想16年 制作3年をかけて
この作品を世に送り出したそうですが
本当に良い作品というのは
その時々で感じる所が違うので何年たっても色褪せない

私のことなので
当時はビデオテープを買いました・・・


又15年81歳で生きていたら
「もののけ姫」観てみたいものです


もののけ姫




posted by chicchi at 23:59| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

「マタニティマーク、付けてて良かった」ある妊婦と男子高校生との2カ月間

昨今、「マタニティマーク」に関する議論が
ネット上などで話題になることが多いですね。

本来は妊産婦にやさしい環境づくりを目指すために存在する
マタニティマークですが、心ない一部の人たちが
マタハラをするきっかけになったり、
妊娠していないのにマークを付けるなど悪用する人がいたり…。

マタニティマークをめぐってモラルが問われているといえるかもしれません。

しかし、一部のモラル意識の低い人たちの言動により、
マタニティマーク自体が悪しきものとして見られるのは違うのではないでしょうか。

「マタニティマークがあったことで助かった」
「マタニティマークのおかげで周囲に優しくしてもらえた」
と感じている人も当然多く存在するのです。

そんな女性のひとりを紹介しましょう。

*同じ電車の男子高校生

神奈川県在住の女性、藤田さん(仮・31歳)は、
いまから1年半ほど前に第一子を出産しました。
同県内の会社に勤めており、ママになった現在もバリバリ働いています。

そんな彼女、実は妊娠3カ月頃から2カ月間ほど、
夫とは別のある男性にずっと「ときめいていた」のだそうです。
しかもその相手の男性は、男子高校生。

一体どういうことでしょうか?藤田さんはこう話します。

「私は、信頼する友人の『何かあったときのために付けておいたほうがいい』
という助言もあって、妊娠2カ月か3カ月の頃からマタニティマークをカバンに付けてました。


で、ある日。朝の通勤電車でたまに見かけてた男子高校生が、
マタニティマークに気づいてすぐに席を譲ってくれたんです。

譲られること自体が初めてだったので、
すごく恐縮した態度になってたと思います。
『すみません、ありがとうございます。すみません』って。


それで次の日の朝、同じ時間の電車に乗ったら、
今度はその高校生のコは端っこの席に座ってて、
乗ってきた私と目が合った瞬間に小さく“どうぞ”っていう
ジェスチャーだけして、サーっとその場から離れていったんです。


たぶん、私が恐縮しないように気を遣ってくれたんでしょうね」

藤田さんとその男子高校生が乗る通勤電車は、
乗車率100%程度なのだそう。
つまり、通勤電車としてはそこまで混んではいないわけですが、
妊婦さんにとって座れるというのはありがたいことですよね。

そして、この高校生の気遣いはまだまだ続いていったのです。

藤田さんは語ります。

「それからというもの、毎日というわけではなかったんですけど、
週に3〜4日くらいはその高校生の男の子が
いつも私が電車に乗る場所の近くの席に座ってて、
遭遇するたびに席を譲ってくれたんです。


まるで、『席とっておきましたよ』みたいな感じの雰囲気を出して、
軽くジェスチャーだけして去っていくんですよね。
お礼を言うタイミングもないくらいの速さで。

私、もうその感じにときめいちゃってときめいちゃって。
毎日朝がくるのが楽しみでした」

◆「あさってから夏休みなんです」

そんな日々が2カ月ほど続いたある日、
いつもは会釈程度しかしないその男子高校生が、
突然話しかけてきたそうです。

「いつものように席を譲ってくれて、
普段の彼だったら少し離れたところに行くんですけど、
その日はそのまま私の前に立ってたんです。

で、一駅くらい電車が走ったところで、小さめの声で話しかけてきました。


『すみません、僕あさってから夏休みで、
この時間の電車乗らなくなるんです。
席譲れなくなっちゃうんですけど、大丈夫ですか?』って。


もう、心底感動しました。

わざわざそんなこと伝えてくれるなんてって。

私は、『もちろん大丈夫です。
これまで本当にありがとうございました』と言って、
そこから初めて5分くらい会話できたんです」
(藤田さん)


そうして男子高校生は夏休みに入っていきましたが、
彼がいなくなっても、これまでその光景を見ていた人たちが
自然と席を譲ってくれる日々が続き、
藤田さんは産休に入るまでとても快適に通勤時間を過ごせたそうです。

「マタニティマークを付けてたことで、
人生でいちばんの優しさに触れることができた」

藤田さんは、男子高校生との2カ月間をそう振り返っていました。


いいなぁ。

こんなステキな話。

私もきっと恋しちゃいます

posted by chicchi at 23:29| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

お遍路逆打ち3回目-1

6/20 日

77番 道隆寺(どうりゅうじ) 薬師如来  

        お真言   おんころころ せんだり まとうぎ そわか

 
      眼病平癒(へいゆ)を祈願  
      自分の年の数だけ「目」・ 「め」を書き納めると良いといわれいます。
 
      
76番 金倉寺(こんぞうじ)  薬師如来

    お真言   おんころころ せんだり まとうぎ そわか


       大師の甥・円珍(智証大師)の誕生の地といわれています。 


75番 善通寺(ぜんつうじ) 薬師如来
 
    お真言   おんころころ せんだり まとうぎ そわか


     寺の名は弘法大師の父が佐伯善通<さえき よしみち>といい、
   その父の名をとって名付けられました.



74番 甲山寺(こうやまじ) 薬師如来

    お真言   おんころころ せんだり まとうぎ そわか

    弘仁12年(821)、嵯峨天皇により 
    満濃池の修築を命じられた大師は、
    当寺で成功を祈って本尊の薬師如来を刻んで安置しました。

73番 出釈迦寺(しゅっしゃかじ) 釈迦如来

    お真言   のうまく さんまんだ ぼだなん ばく


    寺の背後に立つ我拝師山(がはいしさん)より
    弘法大師7才の時、仏道に入る決意をせんと
    断崖から身を投げたところ、
    釈迦如来と天女が現れ
    大師を抱きとめられたと伝えられている。

   
72番 曼荼羅寺(まんだらじ) 大日如来

    お真言 おん あびらうんけん ばざら だとばん


    境内に弘法大師お手植えの、巨大な円形の 
    傘を広げたような「不老の松」が有名だったのですが、
    残念ながら平成13年に枯れてしまい大変残念です。



posted by chicchi at 23:57| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

お遍路逆打ち3回目

無事帰ってきました。

やっぱり手順は慣れてきていて
先が分かって
以前の様に余り焦らず行うことができたので
ストレスは随分減りました


詳しくは明日アップ致します




posted by chicchi at 22:29| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

━★ かみさまとのやくそく ★ ━━2015.6.15 発刊   Vol.0091

★-- 監督・荻久保則男の「自主上映会レポート」 

12日(土)に熊本市のニコ保育園で行われた復興支援上映会にお伺いさせていただきました。

音楽の炊き出しや リラックス体操、バルーンアートなどの復興支援イベントと並んで「かみさまとのやくそく」
を上映してくださいました。

「お子さんたちはお母さんを選んで生まれてきてくれたんですよ」
と知っていただくことで、地震で辛い思いをされたお母さんたちに元気を取り戻して欲しいんです・・・と、
山下園長先生がお声をかけてくださいました。

ご自身も被災されておられるあるお母さんから、こんなお話をお聞きしました。

現在、セラピストとしてご活躍されておられる彼女が、ヒプノセラピーを学びはじめた頃、
ご自身の過去生でのエピソードを感じることがあったそうです。

夜、当時小学四年生の息子さんと並んで寝るときに、
こんな過去生を見た、こんな過去生での経験を思い出した・・・と、
息子さん相手にお話されていたそうです。

ところが、息子さんとお母さんは過去生で一緒だったことが何度もあったようで、
「あのときは、こうだったね・・・」とか、
「僕もそのときのこと覚えてる・・・」などと返事をしてくれたそうです。

お二人は過去生で親子だったり、夫婦だったり、兄弟だったり・・・と、
様々な形で、しかしご一緒の転生を繰り返していたようです。

息子さんとの こうした過去生に関する対話は、
セラピストとしての彼女の成長に大きな力となったことでしょう。

お母さんがお子さんの過去生記憶をきちんと聞いてあげることで、
親子関係が強固なものとなり、お子さんの自己肯定感が安定する・・・

というお話は何度も聞いたことがありますが、
お子さんがお母さんの過去生記憶を受け入れ、
お母さんのお仕事を励ますというお話に感動しました。

そういえば、別のお母さんから、お子さん姉妹の妹が、
「私とお母さんの魂は2歳くらいだけど、お姉ちゃんの魂は90歳くらいなんだよ」と言っていて、
とても納得しました・・・というお話をお聞きしました。

お姉ちゃんは子どもなのに とても落ち着いていて、
誰とでも相手の魂レベルに合わせた対応ができるんです、と。

魂の年齢って外見ではわからないものですが、
お付き合いするとわかるものなのですね。

魂年齢の高いお子さんって、思い浮かべてみると・・・
たくさんいらっしゃいますものね。

暖かでピュアなエネルギーに包まれた、素晴らしい復興支援イベントでした。

熊本のみなさま、
力強いエネルギーで「かみさまとのやくそく」を抱きしめてくださり、本当にありがとうございます。

また、お伺いできますこと、お会いできますこと、とても楽しみにしております。

これからも、できますこと、応援させてくださいませ。

本当にありがとうございます。

「かみさまとのやくそく」監督:荻久保則男


2016年12月18日(日)

新バージョン「かみさまとのやくそく」上映会名古屋
開催致します。

詳細は、又後日お知らせ致します



posted by chicchi at 22:30| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

オバマ米大統領と日本人

いやいや
今日の一番のニュースは
米大統領のオバマさんが
71年前
原爆を投下した 広島 を
伊勢志摩サミット終了後に訪れたことは
歴史的なことでした。


オバマ大統領がスピーチした内容は
米大統領というより
一人の米市民としてのスピーチと受け取りました。


でも日本人ってすごいですね。

原爆を落とされて
たくさんの方たちがお亡くなりになり
現在も
その後遺症に苦しんでいらっしゃる方たちが
多くいらっしゃいます。

でも
その行為をも許してしまう日本人って
どれだけ懐の大きな人種なのでしょうか

オバマさんのスピーチにも感激しましたが
被爆者の皆さん
インタビューに答えていらした広島の方々に感動しました




posted by chicchi at 00:27| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

松尾泰伸さんコンサート

先週の土曜日の話ですが
スケターの羽生結弦選手が滑る
東日本大震災鎮魂曲「天と地のレクエイム」の作曲
松尾泰伸さんのコンサートに行ってきました。

スケート曲としては短いバージョンで演奏されますが
当日は完全版で聞くことができました

しかも演奏会場はビルの9階にある
窓から光が差し込むつくりになっていて
松尾さんは光が差し込む前にピアノを置いて演奏されたのです。




Pices of Dream  夢の記憶
このはなさくひめ   霊峰富士に捧げる
Delight         喜
アクアリウス      創生!

MC

風を待つ        会場に熊野の風を!
ANCENT ROARD  熊野古道のテーマソング
いのり 2015     熊野のテーマ NEW

MC

天と地のレクイエム  3・11 東日本大震災鎮魂曲
AI(あい)2015    愛 NEW
ROOTS        人類のDNA 命のキオク

私は 一番前で鍵盤が見える席からピアノまで2mほど一等席。

演奏終後の主催者さんとのお話セッションでは
思わずイスを後ろに移動してしまうほどの距離でした



映っている後姿最前列右側が私です



リハーサル中にでた 虹色の龍(松尾さんインスタから)



ハロ(昼間は太陽の周りに見えるハロ)松尾さんのインスタから

松尾さんの演奏されるピアノには
何かが宿っている=乗り移っている感じがします。

天と地のレクイエム も上から降りてきました と仰っていました

お話が終わって当日の締めは
天と地のレクイエムショートバージョンでした。




posted by chicchi at 23:58| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

ちょっといい話

3/26日 実家の玄関先に植わっていた松ノ木を伐採剪定しました。

剪定といいますか
伸びすぎてしまって電線にかかってしまっていたので
ず〜〜っと気になっていたのですが
やっと業者さんと連絡がついて伐採となりました。

伐採の前に
伐採する木々たちに
「切り倒しますがごめんなさい。よろしくお願いしますね」
忘れずに氣を送っていたのですが
この日は時間がなく行えず・・・
終わってから松ノ木に謝りました。

立派だった松ノ木は相当切り落とされて
3年は持つでしょうとのこと。

どうしようかな と思いながら日にちがたち
この思いを業者さんに伝えました。

木を伐るとき「今から切らせて頂きます 合掌」
思って伐ってみえますか?精霊が宿っています。

返信
先日はありがとうございました。
私も精霊が宿っていると思います。
「こだま」造園ですから(^_^.)

木を伐る時などは、塩をまいて合掌させていただきます。
剪定の時も心の中で祈っておりました。


代表はじめ3人とも30代の素敵な青年たちでした。


DSC_0195.JPG

松の木ではありませんが 今年のマンション敷地内の桜


DSC_0116.JPG

同じく夜桜


posted by chicchi at 22:24| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

2016・3・11

「母と暮らせば」


私の地区の映画館で上映されているのは
1館だけ1回の上映となり
しかも今日が最終日だということで出かけてきました。

興味はあったのですが
母のことでバタバタしていて見逃していたのです。

ですから漠然としたあらすじだけで映画館に入り
映画を見だしてビックリ

1945年8月9日
長崎に原子爆弾が投下された時が題材だったからです。

嵐 の二宮和也くんが幽霊として
お母さんの吉永小百合さんの前に現れて
生前の思い出話をしながら
最後にはお母さんをちらの世界に連れていく・・・

この演技で
二宮くんは 日本アカデミー主演男優賞を獲得しました。

人は亡くなるとき
誰か親しい人(亡くなった親族・親戚など)が
お迎えに来る と言われています。

母も亡くなる前日は
酸素マスクを付けていたので
アーアーと言いながら手を上に伸ばしていましたがら
母親か弟か妹がお迎えに来ていたのかもしれません。

決して悲惨な感じではありませんでした。

今日は 東日本大震災の日でもあります。

5年がたちました。
この日のことはシッカリ憶えています。

お手当ての実習会で
京都 醍醐寺 に向う新幹線の中にいて
京都駅に着く数分前にこの地震が起こり
京都駅から醍醐寺までのタクシーの中のラジオで
この災害の事を知りました。

テレビなどないお寺の中でおで
唯一当時スマホを持っていた方が
テレビ映像を見せてくれたのですが
その悲惨さは
にわかに信じることが出来ないくらいの衝撃を受けたのです。


そして2日後に家に帰り
新聞・テレビをむさぼり観て
その被害の大きさに言葉がありませんでした

これからも
忘れることなく出来ることで支援していくつもりでいます。




最後になりましたが
この震災でお亡くなりになりました方々の
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

またご遺体がまだ見つかっていらっしゃらないご家族の皆様方に
心よりのお悔やみを申し上げます。

今日のこの日に
この映画を観たことも
何か意味がある と思っています。


posted by chicchi at 21:50| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

子孫へのラブレター協会



子孫へのラブレター協会

【スティーブジョブス最後の言葉】
  
私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
   
他の人の目には、私の人生は、
成功の典型的な縮図に見えるだろう。
    
しかし、仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。
人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた
人生の単なる事実でしかない。

病気でベッドに寝ていると、
人生が走馬灯のように思い出される。
  
私がずっとプライドを持っていたこと、
認証(認められること)や富は、
迫る死を目の前にして
色あせていき、何も意味をなさなくなっている。
  
この暗闇の中で、生命維持装置の
グリーンのライトが点滅するのを見つめ、
機械的な音が耳に聞こえてくる。
   
神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。
   
今やっと理解したことがある。
   
人生において十分にやっていけるだけの
富を積み上げた後は、富とは関係のない
他のことを追い求めた方が良い。

もっと大切な何か他のこと。
    
それは、人間関係や、芸術や、
または若い頃からの夢かもしれない。


終わりを知らない富の追求は、
人を歪ませてしまう。私のようにね。
   
神は、誰もの心の中に、
富みによってもたらされた幻想ではなく、
愛を感じさせるための「感覚」
というものを与えてくださった。
  
私が勝ち得た富は、(私が死ぬ時に)
一緒に持っていけるものではない。
   
私が持っていける物は、愛情にあふれた思い出だけだ。


これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと
一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるもの
あなたの道を照らしてくれるものだ。
    
愛とは、何千マイルも超えて旅をする。

人生には限界はない。
  
行きたいところに行きなさい。
   
望むところまで高峰を登りなさい。
  
全てはあなたの心の中にある、
   
全てはあなたの手の中にあるのだから
    世の中で、一番犠牲を払うことになる
「ベッド」は、何か知っているかい? 
シックベッド(病床)だよ。
    
あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。

お金を作ってもらうことも出来る。

だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は
見つけることは出来ない。


物質的な物はなくなっても、また見つけられる。
   
しかし、一つだけ、なくなってしまっては、
再度見つけられない物がある。
   
人生だよ。命だよ。


手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない
本が1冊あったことに気付くんだ。
   
「健康な生活を送る本」
  
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、
誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。
   
あなたの家族のために愛情を大切にしてください。

あなたのパートーナーのために、
あなたの友人のために。


そして自分を丁寧に扱ってあげてください。

他の人を大切にしてください。
---------------------------------------------------------------------------
著者不明
【人生の最期の日の未来のあなたより】

どうも。


僕はあなただ。


理想の人生を生きた
人生最後の日のあなただよ。


人生は短い。

あっという間だった。


生まれてから、
今日までのことを考えてごらん。

長いようであっという間だっただろ?


同じように、今日から、
人生の最後の日までもあっという間なんだ。
やりたいことはすべてやるがいい。


人間は、死ぬ間際、
やったことに後悔する人は少ないものだ。

やらなかったことに後悔する。

チャップリンがいったとおりだよ。

In the end,everything is a gag.
つらかったことも、最後には全部ギャグになる。


ボブマーリーが歌ったとおりだよ。

Everything’s gonna be alright.

すべてだいじょうぶだから。
やってみたいことはやってみるがいい。

なにもかもだいじょうぶだから。


人生最後の日を迎える私から見ると、
うまくいったかどうかなんて、

どうでもよかったんだとわかる。


人生最後の日から見ると、
すべての出来事は
夢の中の思い出になるんだ。


ほんとうに大切なのは、ハートをひらくこと、

自分に素直になること。


いまの自分の気持ちに
ちゃんと寄り添ってあげるんだ。

「ほんとは、どうしたいの?」って。


それが、未来の私から
あなたに一番伝えたいことだ。


人生は文字どおり旅なんだ。

旅に成功も失敗もあるか。

そして、旅には、
やらなければいけないこともなにもない。

歯を磨く、それくらいのもんだ。


だいじょうぶ。

子どもの頃の気持ちを思い出してごらん。
そう。その気持ちだ。

家の扉をあけたとたんに、
走り出していたあの頃のあなた。


私は、私の人生を選んで

ほんとうによかった。

人生最後の日、私はいま幸せだ。

いま、心からそう思えるのは
あなたのおかげだよ。


いまのあなたが、たくさん、たくさん、
悩んでくれたからだ。


いまのあなたが、たくさん、たくさん
傷ついてくれたからだ。


そして、いまのあなたが勇気を出して
一歩踏み出してくれたからだ。


すばらしい人生だった。

心からありがとう。


生きるって素晴らしい

posted by chicchi at 20:02| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

看護師が見つけた一通の手紙

高齢化社会が深刻化しているのは世界共通の問題です。

各国の病院や施設は高齢者で満たされています。

悲しいことに、彼らの家族の多くが、お年寄りを施設に入れたまま。

お正月も夏休みもクリスマスにも面会には訪れず、
電話もできす高齢者を忘れていることです。
故に、施設に勤める職員たちは、
ひとりひとりの患者の状況を把握することができないほど多忙なのです。


施設で暮らす高齢者たちは、
首を長くして家族からの電話を待ちわびます。
涙をこらえるほど心に深い何かを感じているのです。

Mak Filiser氏もまた、そのひとりでした。

「風変わりな老人」と呼ばれる彼が老人施設で亡くなった時、
彼の部屋が空き部屋となり、整理している時のことでした。
看護師のひとりがこの手紙を発見したのです。


看護婦さん、何が見えますか?

私を見る時、あなたは何を考えていますか?

風変わりで愚かな老人。

行動も読めず遠い目で?

食べ物をこぼし何も答えもしない。

大声で「自分でしたら?」というあなた。

でも、私は気づいていない様子。

靴下や靴がいつもなくなる?

いつも抵抗し意に沿わない。

お風呂も食事もある長い一日だっていうのに?

何を考えます?何が見えますか?

目を開けて見て下さい。あなたは見てないでしょう。

私はここにじっと座って誰なのかあなたに話します。

命令を聞きながら、食べさせられながら。

私は10歳の小さな子ども。
父と母、兄弟と姉妹と共に愛されて育ちました。

私は16歳の少年。
足に翼が生え、将来出会う恋人を夢見ています。

新郎になる20歳の頃。
心が踊り、結婚の誓いを必死に覚えています。

25歳で子どもが生まれ、教えることを学び、楽しい家庭を守ります。

私は30歳。
子どもはすくすく成長し、夫婦の絆が固くなり、
それは永遠に続かなければなりません。


40歳で若い息子はなくなります。
しかし、私の最愛の妻がそばにいます。
だから淋しくなんかない。

50歳。今度は孫が私の膝のまわりに纏わりつきます。
でも、妻と私は子どもを育てることに慣れているから大丈夫。

暗黒の日が訪れ、最愛の妻がなくなる。

将来を考えて恐怖に怯えます。

子どもたちは孫を抱え、過ぎた年月と愛について考えます。


今の私はただの老人です。

自然とは残酷なものです。

老いていくことは自然なこと。

意地悪なことに老いたものを愚かに見せる。

体は砕け、優雅さと活力を失い、
かつて心臓があった場所に石があります。


でも、この老いた体の中には青年の心が宿ります。

そして時々、私のボロボロの心臓が膨れ上がります。

私は喜び、痛みを覚えています。

愛することと生きることを再び体験します。

私は人生を振り返ると、あまりに早くて短くて、、、

永遠が無いという厳しい事実を受け入れなければなりません。

だから、あなたたちは目を見開き見て下さい!

風変わりな老人ではない。

見て下さい私を!



人は誰でも歳をとり、やがて命尽きる時がやってきます。

この世に生まれた限り、誰にでも訪れるもの。
体が思うように動かなくなっても、
若い頃の気持ちを持ち続けています。
ひとりの若者の心のままなのです。

多忙な生活の中で大切な人の存在を忘れてはいませんか?

ひとり暮らしや施設で暮らすおじいちゃんに会いに行きませんか。



この看護師さんは私なのです。


posted by chicchi at 20:39| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

『祖母を置き逃げた自分呪う』

 大学生の女子。
何をしていてもあのことばかりを思い出してしまいます。
 あの日、私は祖母と一緒に逃げました。
でも祖母は坂道の途中で
「これ以上走れない」と言って座り込みました。
私は祖母を背負おうとしましたが、
祖母は頑として私の背中に乗ろうとせず、
怒りながら私に「行け、行け」と言いました。
私は祖母に謝りながら一人で逃げました。

 祖母は3日後、別れた場所からずっと離れたところで、
遺体で発見されました。
気品があって優しい祖母は私の憧れでした。
でもその最期は、体育館で魚市場の魚のように転がされ、
人間としての尊厳などどこにもない姿だったのです。

 助けられたはずの祖母を見殺しにし、
自分だけ逃げてしまいました。
そんな自分を一生呪って生きていくしかないのでしょうか。
どうすれば償えますか。
毎日とても苦しくて涙が出ます。
助けてください。(A子)

自分を責め、
自分を恨む女子大生に心療内科の先生が掛けた言葉


お手紙を読みながら涙が止まらなくなりました。

こんなに重い苦しみの中でどんなに辛い毎日かと思うとたまりません。

ただあなたは祖母を見殺しにされたと思っていらっしゃいますが、
私にはそうとは思えません。

おばあさまはご自分の意志であなたを1人で行かせたのです。

一緒に逃げたら2人とも助からないかもしれない、
でもあなた一人なら絶対に助かる。
そう判断したからこそ、あなたの背中に乗ることを頑として拒否したのでしょう。

おばあさまは瞬時の判断力をお持ちでした。
その判断力は正しくあなたは生き抜いた。
おばあさまの意志の反映です。

人はどんな姿になろうとも
外見で尊厳が損なわれることは決してありません。

たとえ体育館で転がされるように横たわっていても、
おばあさまは凛とした誇りを持って生を全うしたと思います。

おばあさまの素晴らしさは
あなたの中に受け継がれていることを忘れないで下さい。

おばあさまが生きていたらかけたい言葉、
してあげたいことを、周りに居る人たちにかけたり、
してあげて下さい。

そのようにして生き抜くことが
憧れだったおばあさまの心を生かす道に思えます。



心療内科の先生が、
医師としての回答だけではなく
女子大生の悲痛な気持ちを理解した上での回答が
とても好ましく思います。

「おばあさまの素晴らしさは、
あなたの中に受け継がれていることを忘れないで下さい」

という言葉に女子大生は励まされ、救われたことでしょう。

悲しみは決して消える事はないけれど、
この女子大生が心穏やかに過ごしていることを願います。

この震災で大勢の方が、深い悲しみを負ったことでしょう。
あれからもう少しで5年経とうとしていますが、
風化させることなく復興に向けて動いていけたらと思います。



posted by chicchi at 20:23| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする