2017年03月31日

コミュニケーションツールを使うときの大切さ

facebookは、多くの人たちと親しくなる

コミニュケーションツールではありますが

一つ間違えると

相手に不快な思いをさせてしまう危険性があるのかも知れません


同じように LINEがありますが

どちらかというと

こちらは

顔が見える相手とのお付き合いではないでしょうか



既読が付く付かない が大きな問題だったり

LINEグループ内でのイジメが問題になったりしますが

LINEは電話番号を知らせてある相手のみとの繋がりで

見ず知らずの人とのお付き合いはないと思っていますが・・



facebookは、見ず知らずの方とのお付き合いもできるのが

大きな魅力で

繋がった方がアップするブログ記事を拝見できる

大きなメリットが魅力の一つです。


ただどちらも

個人的に入ってきたメッセージに対しての

対応の仕方はとても重要で

メッセージに対してスルーすることだけは避けたいものです


頂いた?マーク付きのメッセージには

誠意をもってきちんと返信をしていかないと

相手の方に

要らぬ気苦労をかけてしまいますし

ゆくゆくは自分の信頼を失ってしまう結果に繋がります。


本名とfacebook上の名前が違う場合も

必要な事態が起こった時(例えば入金時)には

混乱を未然に防ぐ為に

その旨を相手にキチンと伝えておかないと

相手側の時間のロスを招きます。


相手の身になって考える・・・

チョットした気遣いですが

これが出来ない人が多いようにも感じています
続きを読む
posted by chicchi at 23:58| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

高橋一生さんから学んだこと

俳優の高橋一生さんはこのところ人気がうなぎ上り


10才から劇団に所属していて

子役として活躍していたんだとか・・・・


小さいときはポッチャリだったらしい



私的にはそんなにイケメンじゃないと思いますが

色々な番組に出ていてビックリ。


先週終わった話題の「カルテット」にも出ていましたし

「女城主 直虎」

「Woman」「民王」「シン ゴジラ」「軍師官兵衛」
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう などなど

脇役で光を放って目立っています


そんな一生さんがでた 2017・1・20のA-studio で話していたのが

自宅にある家電品に名前を付けている点。



高橋は番組で植物を「しげるさん」、車を「たけし」、
愛犬を「肉山さん」と呼んでいることを告白。

愛犬はもともと実家でバーディという名前で飼っていたそうだが、
「病院に連れて行ったときに“高橋バーディさん”って呼ばれるので、
んーなんか変えられませんか? って病院で。

変えることはできますよって言われて、
じゃあ肉山でって」と不思議な経緯を説明した。

 さらに「テーブルは“渋沢さん”ですし、洗濯機は“せんだ君”です」と明かすと、
MCを務める笑福亭鶴瓶も「洗濯機にも名前付けてるの!?」と驚き。

しかし、高橋は「(名前を付けると)愛着がすごく湧くので。
気に入ったモノはそのままずっと持っていたいんです」とその理由を語っていた。


そうなんですよ



これスッゴクいい と思ったんですよ

ただの洗濯機じゃなく

掃除機じゃなく テレビじゃなく


○○さん ○○くん って名前をつけたら

大切に扱うと思うんですよね。



私たちはモチロン

飼っている犬も猫も名前ありますものね


チョット楽しくなってきました



かみさまのことたまメッセンジャーの羽生すみれちゃんが

 ブログに書いていますが

♥物にも命がある♥

読んで下さい




posted by chicchi at 23:56| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

NHK朝の連続  べっぴんさん

ひょっとしたら今放映中の「べっぴんさん」が


歴代の放送された連ドラの中で一番好きかも



と書いても


過去にそう思った作品はあったかもしれません



その時


その年代(自分の)で感じることですから

60才代の私が感じる感性です


まず感じたのは

・すみれさんがプライベートの生活での発言が少ない ということ。

これは驚きでありました。



娘のさくらちゃんが反抗した週も同じ

大切な場面での親としての話はしても

無駄な処での大人としての押し付けガマシイ意見は言わない。

ご主人に対してもそうなのです。


求められていないのに

自分の意見を述べてしまう私です


何故こういったことができるのか

娘と一緒に考えました。



結論=信じているから。


相手を

その事柄を


一番難しいことなのですが 信じているから・・・



相手が気づくだろうことを信じているから


自分の思いだとか意見を言う必要がない


今週は、さくらの夫 娘婿(君枝さんの息子健太郎くん)が

キアリスをもっと発展させたい という思いを抱いて

新しい企画などを立ち上げますが

母親たちのキアリスに対する思いを思い出して

今のままのキアリスで良い と自分の意見を撤回するのでした。




私は

親が伝えなければならない事柄は

子どもに伝えなければ何も伝承できない という信念の元と

求められていないのに

ペラペラと伝えたつもりになっていた



伝えなくとも

感性がしっかりした子供であったら

キチンと伝わるのです。


自分の頭で考える人に育てる と

子育て本を出していらっしゃる 歌手の森昌子さんもお話しされています。





本当に本当に

生きている ということは

いくつになろうと学びなのです



それに気付ける自分にありがとうです

lumiere_04a02-10-0001.jpg


posted by chicchi at 21:22| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

悩んでなんぼ 失敗してなんぼ

人間が成長するのは


自分の今置かれている状況に向き合った時って悩んだ時や


失敗して喪失感を感じて落ち込んだ時にじゃないでしょうか



だから逆に

困難に遭遇しなかったり(そんなことはあり得ませんが)

感じないように感性を訓練してこなかったか

そういった時を見逃してしまったか

そのような生き方をしてきてしまった人の

人間としての成長は少ないように思うのです


優しさや気付きや思いやりなどの大切なコミュニケーション能力は

培われていかないように思うのです



1488873758088.jpg



続きを読む
posted by chicchi at 23:28| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

父の誕生日

今日は父の誕生日で


生きていれば92歳になる日でした。



エイデンにペーパーやPC用インクを買いに出かけて


さて何をお祝いに・・と考えていたら


生前の父の姿を思い出して


思い出すのは良い所ばかりで

両親とも人の悪口を言うのを聞いたことがなかった点は

素晴らしかったなぁ と思っています。

軍隊に入った最後の時代の男性なのと

男5人兄弟で育ったからなのか

放任主義だといいながら長女の私にはスパルタでした



遺品整理をしていると

若いころ(私と同じ年齢だったころ)に下書きしていた手紙や

母宛に書いた文章や母からの折り返しの手紙など

思ってもみなかった両親の姿を見つけて手が止まり


生前もっともっと色々な話をしておけばよかったな と

今頃思っているのです。


そして、昨日実家の片づけに行った際

ベッドの枕元に飾ってあった母方の祖母の写真を持ち帰って

一緒に飾りました。


というか実家に人が住まなくなってもう2~3年になるのに

一人ぼっちで実家を守っていた祖母のことまで頭が回らず

寂しい思いをさせてしまいました。


母が大好きだった祖母。


子宮体癌を患い

私が高校生の時

新潟から引き取り入院をさせて最後まで看取った祖母。


今日一緒に写真を飾ってみて

私は結構気にいっています。




DSC_0904.JPG

壁紙が、猫の爪で引っ掻かれてボロボロはごめんなさい"(-""-)"



posted by chicchi at 23:59| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

フトした時に感じるこの感情

今日は、〇ックス〇リューで買い物をして

レジが済んで袋に品物を入れていた時に感じた

寂しい という感情。


私の場合

この感情がと突然現れるのですが

そんな経験はありますか


昔から感じていて

その頃に比べると軽くなってきてはいるのですが



今日分かったのは

この感情は過去生からきているのではないか ということ。



魂の修行をするために

輪廻転生を繰り返しているのであれば

すっかり忘れてしまった過去生だけれど

僅かに残っているどこかの前世での感情が

今時々顔を出しているのではないだろうか

な〜んて思ったのです。



以前チェネラーさんに見てもらった時

生贄として水の中に落とされた過去生が出てきました。


だから

ラッセンの海の中を描いた絵が苦手だったんだなぁ って

納得できたから

今生きている私たちは

多かれ少なかれ

過去生の影響を受けているのではないだろうか

な〜んて思ってしまう訳なんですよ


寂しかったんだね

どこかの時代に生きていた時の私。


sundance(l)

今ラッセンのこの絵を観ても

以前よりは随分大丈夫になっているので

癒されてきている ということなんでしょうね


posted by chicchi at 23:13| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

言われてしまった一言

4/16日(日)に行うイベント


”「かみさまとのやくそく」上映会&


大門正幸先生と羽生すみれちゃんお話し会”の準備は


ぼちぼち進んでいます。


facebookイベントページ作成


他のイベントでのチラシ配り依頼

facebookで知り合った方に相談をしたら

発行のメルマガに情報をアップしましょうか  と

言って頂いてお願いできたり・・・



上映会の為にプロジェクターを借りること

会場である 〇ーブルなごや にリハーサルのリハーサル

出かけて色々詳しく情報収集したりして


今回のイベントの準備は順調に進んでいる  と思っているのですが

案内してもらった会場の方に

一人でアレコレやるのは大変でしょう

相談する人もいなくて


あのね

私は今までこのやり方でやってきたんです


メンバーさんと一緒に動くのも必要でしょうが

予定を合わせることに結構時間が取られるし

思いたった時にパッと動くのが楽だしね。



昨年11月に行った 池川明先生と大門正幸先生の

コラボ講演会では

実行委員をやって下さる方を募集して

イベントを実施しましたが

大きなイベントでしたので

若い方たちがたくさん動いて下さったことは

勉強になりましたし、楽しかったです



ただ7年前から始めたヨン様サークル活動は

メンバーさんにできるだけ迷惑をかけない為に

できることは一人で動く

このやり方でイベントを実施してきたのですが

この何気ない一言は

色々なことを考える機会になりました。


当然私の頭の中にシュミレーションが出来上がっているので

当日のお手伝いをして下さる方々にしたら

使われている感が強く感じてしまうのかもしれないな



@一緒に作り上げたい と思って下さっているのか

A当日だけのお手伝いで満足 と思っていらっしゃるのか




発表会は仕事なので

当然@で進められていきますが

みんな忙しいのでAのパターンの人の方が多いのかな






続きを読む
posted by chicchi at 22:31| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

初めて真剣に思ってしまったこの思いA

Y先生と会館の1階でお話をさせて頂きました。


Y先生は学業支援。

高校に通うだけの学力をつけてもらうために

週2回開催していらっしゃいます。


名古屋には こども食堂支援や

養護施設に居られない年齢の子供たち

(高校に行かない場合は施設に居られない)を支援するグループ


少年院を出所してきた子供たちをバックアップするNPO法人もある。



道々思ったのは

イベントを開催するだけの活動では本当の力にはならない。

何かお手伝いとしてできることに関わっていきたいから

あと10年若かったら・・・・という想い。



でも今日はっきり分かったことがありました。

私が出来ること

あなたとわたしを、つなぐもの♫ だったんですよ



娘に話したときにそういった活動に興味がある と言っていたので

そしてこの活動を娘に繋いでいくこと。

ビジョンがみえたのです。


あと10年若かったら・・な〜んてこと言っていられない


昨日Y先生に会いに行ったということは

動き出してしまったということ。


前を向いて進むしかない


posted by chicchi at 10:50| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

壊せ!既成概念

私はガチガチの四角い人間でした。

○○しなければならない・・・

○○するべきだ・・・etc.

など自分を相手を縛り付ける思想を色濃く持っていので

自分を許せず自己嫌悪の深い闇に長く留まり

相手も中々許さない。許せなかった




でも御陰様でガンになったことでたくさんのことを学びました。


ガンの患者学研究所で出会ったHさんが

まず私の思いを拾い上げて下さった。


それから 引き受け人間学 創始者 藤谷やすみつ先生。


長年の考え方の癖で

強く「こうあらねば・・」と思い込んでいた考え方を

上からでなく「こう思っていませんか?」と教えてくださったお陰で

今の私があります。


そしてFacebookをやるようになり

相手の方から 友達認証 が届いたり

私の方から 繋がってみたい と認証をお願いしたりで

今現在400名の方々と繋がっているのだけれど

この中の人々の中にも

本当に太っ腹なお方がたくさんいらっしゃいます。


その中でも K氏  〇崎薬局のN先生 

Facebook の使い方が分らない時に駆け込みメッセージでSOSを出すと

丁寧に教えて下さる最近知り合ったS氏。


特にN先生の優しさには参っています。

妊活指導をしていらっしゃるので

子宝先生で検索すると出てきます。


この先生は4500名の友達がいて

8000人のフォロワーさんを抱えている

人気先生なのですが

友達認証はして頂きましたが面識のない私の

イベントでの集客でシェアしてください というお願いを

実に心よく引き受けて下さって感激しています。



こういう方々を見習って

私も「こうあらねば・・」という悪い方の思い込みを外していこう 

と考える今日この頃であります



続きを読む
posted by chicchi at 23:30| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

前世治療を受けてみて分かったことの答え

南米の女性出現が最後で

終わった前世療法セッション。


このポワ~ンとした女性も

若い頃の私だった ということを

家に帰って突然思い出しました。


もう50年も前の私ですからね

セッションが終わり根本さんからのお話は

気づきがたくさんありました。


今回出てきてくれた4人とは

これからもお付き合いをしていってくださいね。


慎之介さんとは

私が一人でお酒を飲む時に呼んで一緒に飲んでください


天使のクリスティもスティーブンも

何か一人で考え込むようなときに声をかけて

相談してみてください


部落の8頭身の彼女も

引っ込み思案だった頃の私なのですから

心に思い浮かべて呼び出してください


そして最後に気づいたのは

常に答えは自分の中にある ということ


色々な人が語っていたり書いていますが

このことが実感できたのです



私は前世療法を受けてみて

このことに気づくことができましたが

このことはこれからの私の大きな自信になることでしょう

posted by chicchi at 23:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

今年の気づきと来年に向けて

今日は、知り合いの方とランチ会。

宇宙銀行開催の時にご参加頂き、ご縁を繋いだ方ですが
ひょんな事からお会いする必要性があり
今日ランチを一緒に頂きました。


この方は英語塾を自宅でされていて
子どもさんから大人まで60名の生徒さんを
週5日教えていらっしゃる才女でいらっしゃいます。

大学はスペイン語学科で
スペイン語を勉強していらしたのが
大学4年生の時に英語会話の楽しさに目覚め
それから英語会話を極めて
英語教室20年 と仰っていました。


この方とこんなにゆっくりお話をしたのは初めてなのですが
私の知っている方とたくさん繋がっているので
その方たちのお話で盛り上がり
生年月日から割り出した数秘が ダンナと同じ11 だというので
その話で盛り上がり
メチャクチャ楽しい時間を過ごしてきました18430.gif


気づきは
私もたくさんのお金を使って
色々なことを学んできとこと

でも一つも極めてない
自分のものにしていないということ。


そして、
来年もお呼びしたい方をお呼びする。


大きなイベントでなく
人数が少なくても成り立つ〇〇会。

オシャレをして
お話を伺いながら美味しいお料理を頂く催し物。

名古屋にお呼びしたい方たちがたくさんいらっしゃるので
年に数回企画していこう18307.gif



DSC_0675.JPG

四国お遍路で訪れた12番寺 焼山寺(しょうざんじ)の本堂のお飾り


明日から第10回目の逆打ちお遍路の旅 1泊2日に出かけて参ります。

今回の旅で 結願 しまして
来年1月は高野山への満願お礼参りに行って
四国お遍路の旅 1回目は終わります。



posted by chicchi at 23:12| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち

映画「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」

1938年 第二次大戦前夜、ナチス・ドイツの脅威が迫るチェコスロバキアで
669人ものユダヤ人の子どもたちの命を救った
一人のイギリス人がいた。

彼の名前はニコラス・ウィントンだ。

それから50年の間、その事実は世界中の誰も知られることがなかった。

そのときに命を救われた子どもの一人で
その後カナダでTVジャーナリストとして成功した
ジョー・シュレンジャーは、自らの経験を振り返り
自分たちを救った英雄の足跡を辿り
ニコラスが指揮した奇跡の救出作戦の全貌を解き明かしていく。


50年後の1988年、ニコラスさんの妻グレタさんが一冊の本を発見します。


それはユダヤ人の子どもたちの写真や名前のリスト、救出作戦に関する資料のスクラップブックでした。


そこで初めて、この話が世に出ることになったのです。


ニコラスさんは
「救出することが出来なかった子どもたちに申し訳ないと思っていた」
という理由で誰にも口外しなかったそうです。




一番印象に残ったのは
助けられた人たちの多くは
世界各国に渡り、様々な分野で活躍をしました。

彼らも子どもを育て、孫たちに囲まれて幸せな生活を送っていたのです。

669人の子どもの家族は
今や約6000人にも及びます。

そして
「人を助けることの素晴らしさ」を身に沁みて知る彼らは
それぞれの暮らす土地で
現在も慈善事業や奉仕活動を行っており
その精神は、子ども 孫までにも伝わっていったのです。

ニコラス・ウィントンは2015年106歳で天寿を全うしました。


同じようにユダヤ人を助けた日本人杉原千畝さんやシンドラーだけではなかったのです。


この映画を観たことで
私の中の チッチャイ思いなどははきれいに払拭されたのです。




posted by chicchi at 23:59| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

かさこ塾フェスタに参加して


もうこの1記事で かさこ塾フェスタ については最後にします。




この年齢で若者が多く参加する かさこ塾に入って

本当に色々なこと=自分のことに気づきました。


30年以上 幼稚園児から大人まで

音楽 を通して先生と生徒という関係でお付き合いをしてきた私が

突然 今までの歴史が通用しない世界

というか指導暦〇〇年なんて
全く潰しが効かないなぁ と痛感したのです47117.gif



このことに気づいたことは
かなり大きなショックであり収穫でもありました48182.gif


要するに 楽器が演奏できる

しかも持ち運びの出来るお手軽楽器が演奏できるのならば

セミナーが開催できるのかも知れませんが

ピアノ?エレクトーン?

どないしますねん46871.gif



バイオリン とか 小さなハープ とか ピアニカ(男性はいいけれど女性はいかが?)とか

ギター とかの
持ち運びが出来る楽器だったらどうでしょうか47642.gif



スタッフとしての動きも

2時間も動いているとお疲れになりますし46288.gif



人から思いもしないキツイ言葉を貰うとガックと立ち直れなくて

コメントを書き込むことさえ怖くなって

連動して

人にきついことを言っている(書いている)自分に気づいて反省と自信喪失。



3年前から冬場になると長~い自己嫌悪状態が続くので

こういった心の状態が続くとウツ になっちゃうぞ
 

ということも分かってきました。



要するに
今の自分に自信がもてないからなんだ46708.gif



でも気づけたんだったら
何とかしたい と次に続けます44451.gif




d0124465_23335749.jpg




posted by chicchi at 23:35| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

お金にブレーキをかけない(私に向けて・・)

入っていくお金は『ありがとうございます』と言って受け取る。

出て行くお金は『お世話になりました。次の方によろしく』
と言って手放す。...

『こんなにもらっていいの?』とか
『こんなにもらったら悪いわ』と思ったとたん、
自分に入ることを止めてしまう。


ネガティブな思いを創らない。


お金とは、先祖の働きと、
あなた自身の社会的貢献度を表します。



日本社会では、収入の多い人に対してあくどいやり方をしたのだろうとか、

人をだまして稼いでいるとか思いがちだが
本当にあくどいやり方をしている人間はほんのわずかにすぎず、
ねたましいとか、うらやましいという感情が、
そのような考えを創ってしまっている。



もしかしたら、それが日本の経済が低迷している原因の
ひとつかもしれない。


もちろん私は、ブロックなどかけるつもりはない。


入ってくるなら、どんどん入ってきてほしい。

長い間、あれもしたい、これもしたいと思ってきたからね。


お金が無ければ現実的には何もできないとよくわかっている。


これからの日本は、ますます格差社会になるのだよ。


月に6〜7万のお金だけで何とか食べていかなければならなくて、
自分の誕生日にお寿司も、500円のケーキさえも食べることのできない人や、

孤独にさいなまれて大声を上げたりする人、
身体が動かないからといって10階からごみを投げ捨てるお年寄りもいる。


いつか、生活の潤っている、でもさみしさや空しさを抱える人が
低所得のお年寄りや障がい者に手を貸したり、金銭的に支えることで、

自分の役割を全うする方法に気づく日が来ます。



人との繋がりを深めることもできるでしょう。


純粋に人の役に立つことに目覚めたらいい。


それこそが、真のボランティア精神だと思います。


新しい発想と新しい活性化、新しい支え方と新しい幸福論が必要なのです。


みんなが、心も生活も潤って幸せである国でありましょう。


私は、あらゆる人が集えるすばらしい場(コミュニティ)を創りたいと思っています。


「皆様へ、愛をこめて」


筆談の詩人、神原康弥


干し柿いっぱい.jpg


干し柿



posted by chicchi at 22:30| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

私はやっぱり感覚人間?!

NHK朝の連続ドラマ「とと姉ちゃん」が昨日で終わりました。

昨日の最終回を見て
ウルウルしていた私はこの記事にビックリ





エ~~~っ

色々あるんですね

私は単純感覚人間なので
突っ込んだ見方 感じ方が出来ないみたいです。

ですから
深い言葉での文章が書けないのではないでしょうか41389.gif

文系40468.gif
理数系40468.gif40468.gif

どちらが人の心に届く文章がかけるのでしょうか41116.gif




posted by chicchi at 23:58| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

年を取るのは悪くない

何故だろう?

仕事は開店休業中だというのに
私の日常は
以前より忙しい・・・かも知れない

残念なことに
体力だけは確実に落ちているけれど


でも精神面は逞しくなったかも(笑)

アッタリマエデェ

しっかり年取ってきたからね。

そいでもって
周りが若い人たちが多くなってきたので
立ち位置も変わるってもんです。


私が! 私が何とかしなきゃぁ! という気持ちが
若い人たちにお任せしましょ  って感じになってきましたね。

最後の責任は取るけれども
途中は積極的に動いてくれる若い人たちに譲る


でも本来お節介で周りを見ちゃうタイプなので
相変わらずフォローは入れちゃうんですけれどもね


カバラ数秘で出した私の生年月日からみると
私の中にある気遣いは
他の人には ムードメーカー と映るらしい。


なるほどね

グループメールでも
雰囲気が悪くなってきたなぁ と思ったとき
ジッと嵐が過ぎ去るのを待ったり
まぁまぁまぁ と分け入ったり・・・

一人の人のメッセージに誰からも動きがないと
気になってメッセージを入れて
そのメッセージ不適格!とお叱りを受けたり・・・


でも気にならなくなった。

すみませんって気にせず謝れるようにもなった。

色々事情を抱えている人の話にも
まぁ色々ありますよって
そのことを指摘しないで分かってあげられる余裕も持てるようになった。


前の私は四角四面の人間だったから
理不尽なことに出会うたび
怒り 悲しみ 落ち込んでいたなぁ


でも今までの自分と違う感性の持ち主である私に出合うことができたのは
今回「シロウオ」上映会を通して
生徒さん以外の若者たちと一緒に
一つの目標に向っていく という経験をさせてもらったから。


そして次のイベント

11月6日(日)ウィンクあいち で行う

あなたとわたしをつなぐもの 〜ありがとう〜 

ボランティアスタッフをFACEBOOK上で募集をしたら
お手伝いをしたい!という
若いママさんたちが集まって下さった。


そして
その中の一人の方が
サッサと FACEBOOKにグループのスレッドを立ち上げてくれたのです。

もうお願いします でいこうと思っています。


posted by chicchi at 23:17| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

何にもない有難い日でした

そうそう今日もこれといった予定がなく
家でグダグダ過ごすことが出来た日。

相変わらず腰痛がすっきりしないのと
どうしてもやらなければいけないこともないので
レンタルDVDの続きを観ることができました。


明日からチョイと予定が入っているので
仕事はしていないのに
こんなに忙しくていいの


人との自分であれこれ動いてしまうので
仕事をしていた時とは
全く違う方たちとのお付き合いが多くなりました。

人付き合いは
至らなさから失敗して落ち込む機会も多いのですが
基本人付き合いは好きなので乗り越えてきました。

愛想はいいけれど
基本的に積極的に人と関わっていくことのないダンナを
主夫になるよう教育している最中です

そしてその中でみえてきたこと。

本当に賢い人とは
生活の中の
仕事の中の
点と点を線に繋げることが出来る人を言うのだな

毎日の生活サイクルの中で起こるアレコレは
よ〜〜く観察して
よ〜〜く考えてみると
ある所に向って繋がっていることが分かります。


イエイエ私も彼のことを観て気づいたことなのです。

とても大切なことに気づかせてもらいました。


当人の彼は全く気づいていませんけれどね


posted by chicchi at 23:32| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

今スッゴク感じてスッゴク言いたいこと

ブログには余り載せない持論。

でも
素敵にハッキリ自分の意見を述べている
一般の方たちがたくさんいらっしゃいます。

スゴイことだなぁ と思ってみています。

物事に関しては持論を述べます。

でも人様の生き方に関しては持論を述べることはまずありません。

自分の事はどんなことを書こうが
自分で責任を取れば済むことですが
人様のことで
私の意見をアップするのは難しい。

だって憶測でしかないから。

どうしてそんなこと言ったの?

目の前で直接聞くことが出来たとしても
そのときにその人が果たして本音で
さらけ出して話してくれていたのか分からないし
その後に変わるかもしれないし


話し合いができる距離にいる
一緒に住んでいる家族だって
行き違いはしょっちゅうだとしたら
どうして芸能人や政治家や家族以外の人たちのことが分かる

出来るのは
その人たちが選ぶ道がどんな道だろうと
信じて待つ ことなんじゃないのかな

どんな結果が出たとしても
自分が望んでいた結果と違っていても
その結果は必要だから出たものなのだから
第三者はただ受け止めるしかないんじゃない

自分と同じ意見だろうが
全く逆の意見だろうが
お互いを腐すことなく受け取っていきたいし
だから自分の意見なんてオコガマシクテ言えません

私は 信じて待つ だけ なのです



ただ家族を守る必要があるときには
モチロン立ち上がりますけれど



posted by chicchi at 00:39| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

不思議なクニの憲法

ドキュメンタリー映画「不思議なクニの憲法」

名古屋駅裏 シネマスコーレで
昼間1回だけの上映ですが
この映画は観た方がいいです。


今の日本に暮らしている私たちは
これからも続くであろうこの国を
次の世代に戦争のない国として
譲ることができるのか否か・・・


真剣に考えねばいけない所に来ている という思いに
襲われます。

posted by chicchi at 21:41| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

引き受け人間学瑞浪セミナーで改めて学んで事

引き受け人間学セミナーは
4月に名古屋であったので2ヶ月ぶりの参加。


父親が無事あちらの世界にいるか
私の胃の調子はどうなのか?


父の魂は無事あちらの世界にいっているということ。

私の胃の調子は
「胃の調子が良くない・・」と思うことで背骨をズラス という
いつものパターンでした


そうマイナスの思いは身体を痛める。


セミナーが進み
参加者の方の御話の中にも
同じように
調子が悪いんです と御話された方が
先生からそのことを指摘されていました


そうなんですよね。
要するに思い癖なんですよ。

言い訳なんです。

そして突き詰めて考えた結果
マイナスに思う思い癖は

自分に自信がない
 
自分を信じる ということに自信がない

起こる事柄は全て良し ということがわかっていない

ことの表れなのかも知れません





posted by chicchi at 22:51| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする