2015年09月23日

尾木ママが断言 「子供に習わせるならピアノ」の根拠

昨年10月に「ミキハウス子育て総研」が調べたところ、
子供にやらせている習い事の1位は「ピアノ」で29.9%、
2位が「水泳」で28.7%。
3位の「英語・英会話」が17.2%だから圧倒的なツートップだ。
では、習わせるならどっち?

教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏に相談すると、

「ずばり“ピアノ”です。両手を使い、譜面を見て、
耳も暗記力も使う。

脳の司令塔である前頭前野を鍛え、地頭を強くします。
IQならぬ『HQ』を上げるのにも役立ちます」と言う。

HQとはHumanity Quotientの略で、
「人間性指数」のこと。単なる頭の良さだけではなく、
社会性や感情表現なども能力を測る指標にしようというものだ。

「HQが低いと、自分で意思を持って行動できず、
喜怒哀楽もはっきり表せない。

人との関わりが持ちづらくなり、やがて社会から脱落していきます。

グローバル社会のいま、大事なのは自分の意思を持って
さまざまな人とコミュニケーションすること。
これは世界の常識なのですが、
日本ではまだ真剣に議論されていません。
超超超遅れているんです!」


でも、ピアノを置けない家はどうする?

「それは簡単。家族でキャンプに行けばいいんです。
火をおこす、水で遊ぶ、木に触れる、
土をいじるといった行為は“原体験”といって、
やはり前頭前野を鍛えるのに有効。
小学4年生くらいまでの子供には不可欠な体験です」

共通しているのは、五感を使って脳を刺激してやるということ。
理想は「ピアノを習いつつ、外遊びもすること」だ。

日刊ゲンダイ より






昔昔 音楽を薦めていた大御所さんがいらっしゃいました。

人間には「感性」が大切だと。


音楽を感性を育てることを
理解して愛してくれる親御さんたちが増えるといいなぁ


posted by chicchi at 16:02| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

真の愛国教育とは何か?

米国人留学生に気付かされた「道理」―中国ネットユーザー


2014年1月17日、中国のネット上に投稿された、
あるユーザーの体験談が注目を集めている。

以下はその概要。

私は中国に留学に来ている米国人の友人に、
「日本はかつて真珠湾で米国を攻撃した。
安倍首相の靖国参拝は米国人の感情も傷つけるんじゃないのか?」と聞いた。

彼の答えは意外なものだった。

「モンゴル人はかつて無数の中国人を殺した。
モンゴル人がチンギス・ハン生誕851周年を記念したら、
中国人の感情は傷つくかい?」と聞き返してきたのだ。

私は答えに詰まった。

その後、彼は「米国人はあまり恨みを覚えていない。
なぜならふつうはその場で晴らしてしまうからだ」と話した。

事後にあることないことを言うのは、彼らの性分ではないのだ。

戦争を仕掛けた東条英機も、
真珠湾攻撃を立案した山本五十六も、
米国はみな靖国神社に祭った。

「戦争には勝った。
家族が参拝することはなんでもない。
本人はすでにいないのだから」

米国では毎年5月の最終週の月曜日が、
戦没将兵追悼記念日と定められている。

「君たちはとてもおかしい。
暇さえあれば、日本人の靖国参拝に抗議している。
いつになったら党の見方を捨てるのか。
世界中の華人で共通の日を記念日と決めて、
その日に国のために戦った英雄を供養すればいいじゃないか」

私は考えた。

中国の戦士が国のために犠牲になった。
それは日本も同じではないか。
日本が自国の祖先を参拝するなら、
われわれもそうすればよいのだ。

「愛国、愛国」というが、本当の愛国教育とはそういうものではないか。

「日本人が靖国参拝を諦める」などと考えるのは、夢物語だ。

小泉や安倍をいくら罵ったところで、
叫べば叫ぶほどばかにされる。
これほど簡単な道理なのに、
多くの人は死ぬまで気付かない。

かくいう私も、気付いたばかりなのだが。(翻訳・編集/北田)
posted by chicchi at 11:38| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

やだぁ

テレビで放映しているので
たま〜に見ることがあるのですが
今日もたまたま付けたら流れていて・・


「プレバト漢字書き順王」

これがお恥ずかしいことに
ほとんど全部書き順を間違って覚えていました

ナンなんでしょうね

小さいころにはキチンと書き順を習ったはずなんですが
大きくなるに従って
自分なりに書きやすい方法に変えて覚えていったんでしょうね。


お習字も習っていたのですが
信じられないくらい間違っていました。

これもショックでしたよ
posted by chicchi at 23:15| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

東京

娘とのチョッとリッチな東京旅行から
夕方無事ご帰還。


久しぶりの娘との旅行でしたが
娘が立派な小姑に成長しているのに
改めて気が付き
ヤッパリ親に似るんだなぁ って


普段話せない様なことを聞き出してみましたが
将来どちらの方向に進んでいいのか
ハッキリ決まっていないようでした。


管理栄養士の資格が取れるか否かで
就職先が違ってくるので
就活は来年4年生になってからだそうで
今は色々な所に実習に行っているところです。


管理栄養士の資格を取りたい子は
毎日8時間勉強をしているそうで
娘は完全に
その路線からは外れています


銀座 花郷 の美味しい京料理を食べて
どう思ったのか


一つでも多くのチャンスを

花郷 演奏.jpg フルートとハープの演奏

s-2012_0704Tokyo0329.jpg 店内
posted by chicchi at 23:58| 愛知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

3年B組金八先生

大津市のいじめ事件は
色々なことが判明してきて
一番ショックだったのは
担任の先生になくなった男の子が相談をした際

いじめを受けた生徒から直接相談を受けた教員が、
「そんなんどうでもいい」「君が我慢したら全て丸く収まる」と言い放ったというのだ。

問題の証言を放送したのは、
2012年7月16日放送の情報番組「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)だ。


番組では自殺した生徒と同じ学校の卒業生で、
問題発生当時中学3年生だった女子生徒にインタビューしている。その中で、

「いじめられてる子が直接(先生に)言ったらしいんですよ。
いじめの相談なんですけど、
『僕こうこうされてるんです』と。
でもその先生の態度は『そんなんどうでもいいから。
君が我慢したら全て丸く収まるから』と」

と話したのだ。

女子生徒はほかにも
「先生は生徒第一じゃなくて自分の方が大切という先生が多いですよ」
「周りの子らが、いじめられてた子が毎日アザだらけで
不信を抱いているのにそこでなぜ担任が出て行かなかったのか」など、
学校に対し厳しい口調で証言した。

この学校の校長は7月14日の記者会見で、
生徒から「いじめがある」との通報があったことは知っていたが、
「いじめの認識はなかった」
「残念ながらこちらの方が気が付いてなかったんですわ」などと話していた。

自殺した生徒に話を聞いたとき「大丈夫だ」と答えたのが理由だという。


しかし女子生徒の証言が事実だとすると、
自殺した生徒は教員に相談していたことになる。


しかも、事実を隠ぺいし、
生徒側に責任があるかのような発言は許されない重大な問題だ。
Livedoorニュースより


19日に発売された「週刊文春」(7月26日号)では、
「大津 中2いじめ自殺 新聞・テレビが報じない全真相」という記事を掲載し、
同級生グループによるいじめの具体的な内容を、詳細な証言とともに報じている。

週刊文春を買ってみようと思っています。


今日のレッスンで
このいじめの話を中学2年生の女の子としましたが
今の学校には いじめ はない といっていました。


そして 金八先生 の話をしてみましたが
知らない とのこと。



そうですよね。

TBSが1979年(昭和54年)から2011年(平成23年)までの32年間にわたって
断続的に制作・放送されたドラマ。

日本の学園ドラマの代表格とも称される作品である。(ウィキペディア参照)

昨年にも放送されましたが
興味がなければ見ないでしょうからね。


この時代から
子供を守るために作られていたのですね。



この後 金八先生に憧れて
熱血先生が育った時期もあったようですが
実際には 潰されて いったようです。

理想  現実


どんな世界でも
この狭間を埋めることは難しい

posted by chicchi at 23:42| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

斉藤さんにはナカナカ・・

やっと1つ気がかりがなくなりました(´∀`)

確定申告が無事終わりました!!
しかも今年は超楽でした(*゚▽゚*)

何故って職員さんが全部書き込んでくれたのです。

去年までは自分で書類を前に用意した記録簿を元に色々考えながら
それぞれの項目に書き込んでいくのですが
これが時間がかかるんですよねぇ。

続きを読む
posted by chicchi at 22:31| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

酒井法子さん2

いや〜〜ビックリの展開でビックリしましたノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

出かけていて帰ってきたら
娘が「のりピー」に逮捕状が出たんだって!!

何で???

覚せい剤取締法違反容疑で逮捕状が出たのです。
路上で逮捕された夫が一緒に覚せい剤を使用した との発言から
酒井容疑者の家宅捜査した際、覚せい剤と使用器具を押収したのです。

色々な目撃証言によると
もう10年も前から薬物常連者集まるクラブに出入りしていたとか・・・


 

続きを読む
posted by chicchi at 23:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

Yちゃん

12/23日に予定されているクリスマス会。

3人の先生と組んでの開催となりますが
レッスンもあと1回を残すのみとなりました。

今回はYちゃんも参加してくれる ということなので
この所の頑張りからして期待していたのですが
今日のレッスンでの様子からすると間に合わないでしょう。

Yちゃんに関しては半分お手上げ状態です。

この1ヶ月ほど前に比べて頑張って練習をしているので
お母さんにそのように申し上げたのですが
今日のレッスンでは残念ながら間に合わないので
このままのチンタラ状態で演奏するか
ハタマタ参加を見合わせるかのどちらかを選択しなければならなくなりました。

続きを読む
posted by chicchi at 23:18| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

子供たちの将来

先日の発表会の時に、中1の生徒さんたちに今の学校の様子を聞きました。
そしてビックリ(゚ロ゚;)エェッ!?

授業中生徒たちは授業を聞いていないとか。。。
そして先生も注意をされないとか。。
分からない所は塾にいっている仲間に聞いて解決しているような感じです。

そしてどこのクラスも同じような様子だそうです。
へ〜〜ぇ。

その話を聞いた後で、その事で話をする機会がありました。

その彼女は私より9才下の40代で1男2女の母親です。
真ん中のお嬢さんの大学受験の事で話をしていた時

続きを読む
posted by chicchi at 22:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

発表会で思うこと

今回の発表会の参加生徒さんは27名。
それぞれの生徒さんたちがソロ曲を1曲づつ演奏して
オマケに(笑)アンサンブル曲を演奏してもらいました。

といってもこのスタイルは昔から変わらないのですが。

大きな舞台でたった1人で頑張ってソロ曲を演奏することは
参加した生徒さんにとっては大きな試練であり大いなる自信に繋がることだ
と思っています。

そしてアンサンブル曲を取り入れているのは
どの生徒さん達も友達と演奏することが大好きですし
1曲を仕上げる為に仲間に迷惑をかけないよう練習をして
最後は皆で協力して仕上げることの大切さを伝えて行きたいからなのです。

続きを読む
posted by chicchi at 20:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

嬉しい報告

夕方携帯がなりました。
1年前まで生徒さんだった娘からです。

まずお母さんが出られ、娘さんに代わりました。

結婚の話かな と思ったのですが
内容は
今年に入って新しく勤めだした幼稚園の正式な先生として
5月1日付けで採用されることになりました というものでした。

去年念願の幼稚園の教師として働き出したのですが
その園での過酷な労働や、その他のストレスから
心身症のようになってしまい、そこを辞めたところ
学校で一緒だった友達の紹介で、今の園にパートで働きだしました。

続きを読む
posted by chicchi at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

クラス替え

新学期が始まりました。

娘も高校2年生になりました。
そして恒例のクラス替え。
明るい顔をして帰ってくるといいなぁ と思っていたのですが・・

お昼に帰ってきた娘の顔は元気がありません。
聞いてみると仲の良い友達と離れてしまったとか(>_<)
ガックリして帰ってきたのでした。

続きを読む
posted by chicchi at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

アドバイスの難しさ

娘がソフト部でキャチャーというポジションに自分の居場所を見つけました。

ピッチャーとバッテリーを組んでやっていきたい という気持ち。
ところが思ってもいなかった事態が持ち上がったのです。

たまたま先生に言われて別の同級生がピッチャーをやりました。
そうしたらその娘は意外とピッチャーの素質が娘よりあったらしい。

さぁそこで娘は愕然としました(-_-;)
自分がやりたいと思っていたポジションが危うい!
その娘もキャッチャーというポジションに興味がでてきたようなのです。

帰ってきたら元気がないので聞き出した話です。
続きを読む
posted by chicchi at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

娘の学校生活

今日久しぶりに
中学時代に同じ部活で頑張ってきた娘さんのお母さんにバッタリ。

何気なく「学校どう?がんばってる?」
「実は学校に行ってないの。別の学校受け直すって勉強している」

このところ学校を辞めた 
という高校生を持つ方の話しを良く耳にします。

もう随分前に生徒さんが
高校3年生の3学期に学校を辞めたということがありました。

続きを読む
posted by chicchi at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

権力への誤解

人間を長くやっていると
知らず知らすの内に心の垢が付いてしまうものなんだなぁ 
と感じる機会が多くなりました。

私たちの仕事も一応一国一城の主であるわけなのですが
慣れ=驕り の気持ちを持ちやすい?!

人が集まる組織の長ともなるとどこでも

自分は偉い!と誤解してしまうケースが多々見受けられます。
ワンマンになってしまったり
気がついたら周りはイエスマンばかりだったり
「周りに対してありがとうという感謝の気持ちがない」と言われてしまったり・・
と多かれ少なかれ耳にすることです。

 
続きを読む
posted by chicchi at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

愛すべき子どもたち

出張レッスンでお邪魔しているお宅のお嬢さんが
「練習が嫌いだからピアノをやめる と本人が言っています」
という事を保護者の方から聞き
その件に関しては私に一任して頂く という形になりました。

こういった習い事は練習をするのが当たり前の世界ですが
ご両親も私もピアノを通して「持続をすれば力になる」という事を
学んで欲しいという想いが一致し
このままの彼女を受け止めてみることにしました。

そして先週今週と彼女の様子を観ていると
レッスン中は結構楽しそう(^・^)

続きを読む
posted by chicchi at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

心の鍛錬

もう3年になります。
この生徒さんとのご縁を頂いたのは。

この子は3人姉妹の真ん中で小学校5年生。
お姉ちゃんは優等生。妹は頑張りや。

その真ん中に挟まれて身体が小さいこともあって
そのお姉ちゃんにくっ付いていた時期が長かったせいか
「出来ない」「面倒くさい」といった甘え癖が抜けきらない。

続きを読む
posted by chicchi at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

3年B組金八先生

この番組は、昭和54年10月スタート今年で28年目第8シリーズになるそうです。

私は28年前(といっても30歳)からず〜と観てきました。
へぇ30歳だったんですね。
もっと若い時から観ていたように感じていました(-_-;)

えらく感動して噛り付いて観ていたものですから(笑)
年の割には感性が若く、純粋だったなぁと思いますよ(自分で言うか!)

今回はそれぞれの生徒さんに焦点を合わせて形で放映されていますが
音楽教室で子供さんたちを預かっている私としては
身近な話題ですごく関心があるのです。

でもいつも感じているのは
金八先生は、子どもたちの事をまず第1に考えられる大人だなぁ ということです。

分かっていても中々その様に考えられないし動けないものなのです。
心底の親身になれない。

 
続きを読む
posted by chicchi at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

千種オータムフェスティバル

娘の学校がホスト校なった「私学フェスティバル」「秋フェスタin千種」が開催され
お手伝いに行ってきました。

朝8:30に集合です。我が高はうどんを出します。
その調理準備のため8:30集合だったのですが
役員のお母さん方は8時にお見えになって準備をされていました。

調理室では、外の校内での模擬店の下準備で
冷凍うどんを解凍して外のお店に提供する という作業を行っていくわけです。

今日もけっこう風が冷たく
うどんは予定の180食+80食を完売しました。

続きを読む
posted by chicchi at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

本当の貧しさとは

中日新聞夕刊に
フィリッピンミンダナオ島ダバオ市で
小学校6年生の少女(12)が自宅で首をつって自ら命を絶った。

貧しさを苦にしたとみられ
同国で衝撃が広がっている。

家には電気も水道もなく
貧困層が住む地域でも特に貧しかった。

続きを読む
posted by chicchi at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする