2017年04月19日

髪の毛のカットから

ガンになってから美容室を替えました。


経皮毒 のことを学んだからです。


経皮毒について知ったのは

やはり美容室でのカラーリング体験でした。


白髪の多いタイプでしたので

結構早めからカラーリング を始めていたのですが

明るい色に染めようとすると

染上がりまでの待機時間での地肌の痛みが半端ない


痛くて途中で「すみませ〜ん」とストップをお願いしたこともありました


ですから

頭皮からの経皮毒のことを知り

すぐ これは!! と理解できました。


そして

身体に優しい美容室(B-one)に代えて早や10年。


ここはお値段が高く(私にとって)2か月に1回しかいけませんでした。


そして昨年12月にクーインズヘナのことを知り

そちらに通い出してから

美容院はカットだけお願いするようになりました。


そして思ったことは

カットは大事


でも

そのカットが上手にできる美容師さんが少ない・・・ ということ。


私は癖毛なので

伸ばして後ろでバレッタで括るか縛るだけの

シンプルな髪形が主。


そして何年に1回は髪形を代えたくなるのです。


ところが


この替える=カットが上手な美容師さんが少ないかも・・

ということに気付きました


お客さんの髪質に合わせてのカットが

思ったようなカットがして頂けない


毛染めはヘナで

カットは上手な美容師さんにお願いしたい というのは

贅沢な悩みでしょうか



このことは

全てに通じます。


お店は開いているけれど〇〇

売り上げが伸びない・・・



音楽関係の仕事はしてるけれども

生徒さんの力が伸びない・・・・・・


カットはしたけれど

その後のスタイリングに苦労している・・・

同じ土俵ですよね36800.gif

そんな気がしました35490.gif






posted by chicchi at 21:13| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449157845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック