2017年02月12日

NPO法人「ひだまりの丘」主催 池川明先生講演会

イーブルなごや 3Fホールで行われた


「ひだまりの丘」10周年記念講演会


子育てをもっと楽しく! 

〜『体内記憶』からみる子供が生まれてきた意味〜

一緒にいった知人Yさんのfecebookアップ記事から転載させて頂きました。


☆どうして大人になると胎内記憶を忘れてしまうのか?

人生の答えが少しあるから、だそうです。
いつまでも忘れないでいることは、生きていく上で妨げになるから
この記憶を覚えておきたい子供は、忘れないよう努力をしている。


☆つわりがある人、ない人の違いは?

母親と赤ちゃんとの周波数の違い。
例えば、ドとミ  ドとソは和音になるけど
ドとレ  レとミは不協和音で気持ち悪い、みたいな・・・

母親にとって、つわりは毒出しでもある。


☆性同一性障害について

昔からあるけど
最近はそういったことを発信しても
受け入れられる世の中になってきた、ということ


☆里親と子どもの出会い

肉体的に縁があるところに産まれることが出来ない場合の方法


胎内記憶を忘れる為の木の実を
食べ忘れたから、記憶があるんだ
(例えば帝王切開を選んで生まれてくることもある)


赤ちゃんはママのお腹にいるときも
魂は出たり入ったりしている


魂がお腹に入る時期もそれぞれで
お腹に入ったけど性別がイヤだった場合に、流産という方法をとったりetc.

少し補足をさせて頂きました。


私は昨夜の寝不足から何度となくウトウトしてしまって


先生に失礼なことでした



もう一方のゲストは

smiloop代表 若子理愛子(わかこ りえこ)さん。

保育士。日本ハグ協会認定マザーPfilatesインストラクター・
日本体育協会公認スポーツリーダー・ JCDAチアダンス指導員などなど。


人の話は ウンウン と肯定して聞こう♪
自分にもハグをしようよ♪(自己肯定力を上げよう)

若子さんの息子さんが学校で書いた作文を朗読してくれました。

http://ameblo.jp/starawberry-rico (アメブロ)

ひだまりの丘  http://hidamari-oka.org/






posted by chicchi at 23:14| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446943329
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック