2016年07月20日

高須クリニックの高須院長が鳥越俊太郎を認知症と判断 @

高須クリニックの高須克弥院長が都知事選に出馬している
鳥越俊太郎氏を認知症と判断し、病院に行くことを勧めている。


以前より噂されていた鳥越氏の認知症疑惑。
医者が発言したことでほぼ確信に変わった。

▼衝撃的な投稿だ…。

医療法人福祉会高須病院は認知症の患者さまのリハビリ治癒による社会復帰を

お手伝いしております。鳥越さんのおいでをお待ちしております。
https://twitter.com/audeROUGE/status/755087884403650560


▼野党に担がれた鳥越氏について。
利用されているだけの被害者という解釈もできるので

そういう意味では「可哀想」。



▼「美容整形の高須院長がなぜ精神面を診断するのか?」
という質問に対しては「美容整形は高須グループの中のごく一部。
認知症ケアもやっている」と説明する。

始めっから医療法人福祉会は高須グループの中核。高須病院、高須クリニックは

その一部です。認知症ケアや在宅介護も立派にやっています。

https://twitter.com/stgb25/status/755218546393649152



▼認知症はテストではっきりと診断できる。
「こんな投稿をする高須院長こそ認知症なのではないか」

という煽りに対しては
「自分はテストで100点をとったので疑惑を一瞬ではらした」とコメント。



▼一般人の投稿「鳥越『認知症を差別するな!』」に対して。

大事にお世話します。
差別なんてとんでもない
https://twitter.com/isacchin/status/755304497044332544


ネット上でここまできっぱりと断言するのだから、そうとうな自信があるのだろう。

高須院長の一連の投稿は一般人に対する発言であれば
問題かもしれないが、
今回は都知事に立候補している鳥越氏ということで、
公共性から考えても認知症だと言ってのけるのは
大きな社会的意義があったといえる。

▼鳥越俊太郎、76歳。文字がまともにかけない。





▼矛盾した発言やおかしな行動から多くの人が認知症を疑っていた。
Google検索では「認知症」というサジェストが3番目に出るように…。





認知症は自覚症状がなかったり、
本人が病気とまでは思っていない場合が多いので
鳥越俊太郎氏には悪意は一切なく、
ただ純粋に政治をよくしたいという思いで行動しているものと思われる。

問題はそんな鳥越氏を担ぎ上げた野党だ。
認知症患者を都知事にするなど前代未聞。
絶対に阻止しなければならない。

http://netgeek.biz/archives/78809 より


Aでアップしますが
鳥越さんのお顔が代わられたのが気になっていました。

増田寛也候補は
東京電力の元取締役でいらっしゃったので
もし当選すると・・・

いえいえこの方の裏の顔の記事もアップされていますね。


鳥越さんに続いてアップします。


posted by chicchi at 18:59| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 驚き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440238321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック