2016年02月01日

森のイスキア主宰、佐藤初女さん死去

悩みを抱えた人たちを食を通じてもてなす癒やしの場
「森のイスキア」を青森県弘前市で主宰し、
1995年度の東奥賞を受賞した佐藤初女さんが
1日午前2時半、乳がんのため市内の病院で死去した。

94歳。自宅は同市桔梗野1の9の8。通夜・葬儀の日取りは未定。

 佐藤さんは1921(大正10)年、青森市生まれ。

青森明の星高校の前身である青森技芸学院を卒業。
小学校教諭を経て、ガールスカウト活動や、
ろうけつ染めの普及、指導などに尽力した。


 83年に弘前市の自宅を開放して「弘前イスキア」を、
92年に岩木山麓に「森のイスキア」を開設。

悩みや迷いを抱えて訪れる人の話に耳を傾け、
心尽くしの手料理や「おむすび」でもてなし、
心の再生を支えてきた。

著書や講演などを通じ、
全国に多くの「おむすび」ファンがいる。


90歳を超えてもスタッフとともに台所に立つなど
精力的に活動し、
昨年10月にも県主催の
「がん患者支え合いフォーラム」で講演した。

第3回ミキ女性大賞、
国際ソロプチミスト女性ボランティア賞、
第48回東奥賞などを受賞。


龍村仁監督 
地球交響曲(ガイアシンフォニー)第2番1995年出演

当時地球交響曲は自主上映会でして
1番 2番 はモチロン観ましたので
初女さんは知っていますし
何年か後に
恵那の 20世紀クラブ が初女さんを呼んで
講演会を企画して下さったので
参加して初 初女さん のお話を聞くことができました

94歳でいらしたんですね。

お疲れ様でございました

ありがとうございました。

15_M.jpg



posted by chicchi at 23:02| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 悲しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433287682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック