2015年03月02日

お母さんのコメント

上村君の母親が2日、弁護士を通じてコメントを発表しました。


 コメントは次の通り。


 「優しい顔で寝ている遼太の姿を見ると、
本当に遼太が死んでしまったのか分からなくなります。
今にも起き上がって『母さん、母さん、おなかすいた』と言うのではないだろうか。

台所にいると、『ただいま』と元気な声が聞こえ、
帰ってくるのではないかと思ってしまいます。(中略)

まだまだあどけなく、甘えてくることもありましたが、
仕事が忙しかった私に代わって、すすんで下の兄弟たちの面倒をみてくれました。

(同)事件の日の夜、一度は外に出かけようとするのを止めることができたのだから、
もっともっと強く止めていれば、こんなことにはならなかったと、ずっと考えています。

顔や体のひどい傷を見て、どれほど怖かっただろうか、
どれほど痛かったかと思うと涙が止まりません」



親が制止すれば止めることができたかも知れませんが
男の子は無理ではないでしょうか
悲しいですけれども・・・



子供の悲惨な姿をみなければならなかったお母さんの気持ちは
計りしれません


どうかどうかどうか
遼太くんの魂が
迷うことなく天国に召されますよう祈っております


上村君の母親が2日、弁護士を通じてコメントを発表しました。


 コメントは次の通り。


 「優しい顔で寝ている遼太の姿を見ると、
本当に遼太が死んでしまったのか分からなくなります。
今にも起き上がって『母さん、母さん、おなかすいた』と言うのではないだろうか。

台所にいると、『ただいま』と元気な声が聞こえ、
帰ってくるのではないかと思ってしまいます。(中略)

まだまだあどけなく、甘えてくることもありましたが、
仕事が忙しかった私に代わって、すすんで下の兄弟たちの面倒をみてくれました。

(同)事件の日の夜、一度は外に出かけようとするのを止めることができたのだから、
もっともっと強く止めていれば、こんなことにはならなかったと、ずっと考えています。

顔や体のひどい傷を見て、どれほど怖かっただろうか、
どれほど痛かったかと思うと涙が止まりません」



親が制止すれば止めることができたかも知れませんが
男の子は無理ではないでしょうか
悲しいですけれども・・・



子供の悲惨な姿をみなければならなかったお母さんの気持ちは
計りしれません


どうかどうかどうか
遼太くんの魂が
迷うことなく天国に召されますよう祈っております。

posted by chicchi at 23:44| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 悲しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414942705
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック