2014年09月17日

るろうに剣心

映画「るろうに剣心」

2部作 
京都大火編  伝説の最期編


凄いです


何が??


長回しの立ち回りシーンが
本当に迫力があって
俳優さんたちの努力はいかほどか


プログラムの中で
主役 緋村剣心 役 佐藤健さんと
監督 大友啓史さん のインタビューが載っているのですが

大友監督

ハリウッドに負けない
アクションエンターメントをみんなで作り上げた自負がある

アクションの背景にあるものは
相手を思いやる日本的な気持ち

ドラマを作っていていつも思うのは
対立構造は描くけれども
そこに「善と悪」というモラルはないということ
どちらが正しくて
どちらが正しくない ということはない。
それは人間を描いていけばいくほど曖昧になってくる


全くその通りで
悪役の 志々雄真実(ししおまこと)=藤原竜也  

瀬田宗次郎=神木隆之介 など

どの悪役も なんか分かる分かる っていう気持ちになってしまう。


もう完全に「るろうに剣心」にハマってしまいました









「るろうに剣心」の配役は

皆 ピッタリなんですよね



posted by chicchi at 22:22| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405579796
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック