2017年05月17日

懐かしい場所に帰る

3年ぶりに訪れた 岐阜県恵那市のJR恵那駅すぐにある


“つきのくら”




以前は、「引き受け氣功」のお世話役をやっていらして


私が初めて「引き受け氣功」とご縁を頂いた場所


“つきのくら”


お世話役を他の方に譲ってから足が遠のいてしまっていた大好きな場所。


それまでは2ヵ月に1回の「引き受け氣功」恵那教室の開催日には

お休みすることなくお邪魔して

先生も付き添いのT氏も私も泊めて頂いて

色々な話をしていたスッゴク思い入れのある場所に

もうお一人の方と一緒にお邪魔してきました。



“つきのくら”で学んだことが数えられない位たくさんあります。


子宮頸がんになった後に出会った「引き受け氣功」は

名古屋教室は

曜日の関係で参加することができず

恵那教室での初参加から魅了され

それからズット繋がり続けているのです。



50代前半で参加した恵那教室のお世話役のHさんご夫婦は

私の凝り固まった固定観念を崩して下さった恩人です




DSC_1013

DSC_1012.JPG


DSC_1014



ランチ場所に選んで下さっていた食事処 美濃 昭寿庵 もオシャレ


DSC_1011


DSC_1010


DSC_1008



DSC_1006




軽く4時間を超えておしゃべりに夢中になって

名古屋に帰って来ました。


そして

春秋の二回集まっておしゃべり会を行いましょう と

話が決まりました


会の名前を決めなければ



“つきのくら”のMHさんが

ご主人が亡くなられた後に始められた短歌。


他の方たちと出版の予定があるそうで

作った短歌を書き出していらしたので

見せて頂きました。

ステキな短歌がたくさんあって

その中から少しづつご紹介させて頂きます。


お題【夫】

・こんなにも「好き」と言われしこと有りや 亡夫(つま)似の男子今日も駆けくる

   男子=孫の男の子





posted by chicchi at 23:59| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする