2016年06月30日

引き受け人間学瑞浪セミナーで改めて学んで事

引き受け人間学セミナーは
4月に名古屋であったので2ヶ月ぶりの参加。


父親が無事あちらの世界にいるか
私の胃の調子はどうなのか?


父の魂は無事あちらの世界にいっているということ。

私の胃の調子は
「胃の調子が良くない・・」と思うことで背骨をズラス という
いつものパターンでした


そうマイナスの思いは身体を痛める。


セミナーが進み
参加者の方の御話の中にも
同じように
調子が悪いんです と御話された方が
先生からそのことを指摘されていました


そうなんですよね。
要するに思い癖なんですよ。

言い訳なんです。

そして突き詰めて考えた結果
マイナスに思う思い癖は

自分に自信がない
 
自分を信じる ということに自信がない

起こる事柄は全て良し ということがわかっていない

ことの表れなのかも知れません





posted by chicchi at 22:51| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

最近富に気になることの一つが

以前より気になっていたこと。

食事をする時に足を組んでたべること。

今日用事で出かけた先でランチを頂きました。

20名ほど入ると満員の和食のお店で
頼んだ食事が来るまでの間お客さん観察。

そうしたら以前から気になっていた
脚を組みながら食事を食べている方が何と半数も

ジックリ観察していたら
席に座ったときに脚を組んで食べる人は
イスに座った時点で脚組みをしています。

そのまま食事が運ばれてきて脚組のまま
食べ物を口に運びます。


平日なので年配の方ばかりでしたが


昔は正座して頂いていたので
こういったことはなかった と思いますが
イス生活になったことで
脚組をする習慣が出てきたようです。

父も脚を組んでイスに座って読書をしている人でした。
多分食事の時も脚を組んで食べていたのでしょう

その性なのか背骨がかなり湾曲してしまい
老化も加わり
骨折をして苦労をしていましたが
脚を組み癖は最後まで治りませんでした


礼儀作法からして
食事中に脚を組んで食べるのは
畳で脚を投げ出して食べるのと同じなのではないでしょうか。


私も脚を組むことはありますが
意識をしているので気づいたら止めるようにしています



posted by chicchi at 20:40| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

早寝早起きにしようっと

最近お肌の衰えが半端ない

乾燥肌なので
乾燥させないよう色々努力はしているつもりなのですが

思いつく原因の一つに
遅寝があるのでは

それと寝不足。

最近寝つきが悪い日が続き
でも次の日も早く目覚めて昼間にウトウト


若かった時にはクリアできたことも
身体に出てきた


それがお肌


だからこれからは早く寝ます

posted by chicchi at 23:24| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

久しぶりのエレクトーンコンクール

今日は仕事モードで
1年に1回開催されるエレクトーンフェスティバル。


それぞれの楽器店開催なのですが
このコンクール部門で優秀賞を頂くと
次の大会に参加する資格を得ることが出来ます。


チャレンジ部門といって
次の舞台を目指すのではなく
大きな舞台でエレクトーン演奏を発表する・・・
そんな参加の仕方もあります。

今日は
チャレンジ部門 ソロ
コンクール部門 小学生低学年 小学生高学年
           中学生 大人

明日は
エンジョイ部門  ソロ アンサンブル
コンクール部門  アンサンブル

仲間の先生の生徒さんが参加されますが
時間が長いので
最後まで見てくるのは無理なようです。


私も随分昔
こういったコンクール部門参加に
生徒さんと一緒に頑張っていた時期がありました

懐かしい思い出の一つです

やっぱりエレクトーンは楽しいから好きですね


でもこの時期会場の冷房には気をつけないと

今日も上に羽織るものを忘れたので
冷房に泣かされました



posted by chicchi at 23:59| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これからの予定を考えると・・

8月28日(日) ヨン様お誕生日イベント 名古屋市内

9月22日(祭) 原発立地を断念させた町 映画「シロウオ」上映会   刈谷

11月6日(日)  池川明先生 大門正幸先生コラボ講演会  名古屋市内

12月18日(日) 映画「かみさまとのやくそく」新バージョン上映会 名古屋市内
 
          

ちょっと忙しくなってきました。


唯一 「シロウオ」は、
中心に立って進めて下さる方々の
後ろをついて行けばよいので気が楽なんですが
出来るだけストレスを溜めずに
楽しんで進めていきたい。

好きなことを企画・実施するので・・・

先日ある方にこの暮らし方は
お金は循環するけれど貯まりませんね と言われました。

循環 結構結構。

赤字になって持ち出しすることだけは避けたいです

posted by chicchi at 00:14| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

効果絶大のさといもパスタ

基本的に朝ごはんは食べないのですが
今日は何故か11時過ぎに
無意識に半熟バナナ1本パクついてしまった

ものの数分後に胃が痛む
ムカムカ吐き気がする
脂汗が


こんなときは温熱療法だと思い
三井の温熱器を胃の部分に当てて
ダンナに足揉みをお願いしたら
吐き気でトイレに駆け込むと
胃の中も消化されたバナナが出たので
いつもの様に
このまま痛みは鎮まるはず。


ところが何と
痛みは増すばかりで更なる脂汗

そこでスマホで調べてみたらありました

バナナを食べてしばらくしてから胃が痛むのは
バナナアレルギーでしょう と

アレルギーの原因は
疲れもあるでしょうし
ストレスもあるでしょう。

その時の体調によってアレルギーは引き起こされます。

花粉症然り。
これからはバナナは食べるのを控えようと思います。


そこで閃いたのが
以前 ガンの患者学で学んだ サトイモパスタ。

ダンナにお願いして作ってもらってサトイモパスタを
胃の部分に貼り付けてそのまま眠ってしまった


気づいた時には3時間眠ってしまっていましたが
痛みは嘘の様になくなっている

サトイモパスタは
ガンの患部の痛みを取る力や
ガンの毒素を吸い出して外に出す力が優れています

サトイモパスタの作り方



私が学んだこの療法は
野菜のサトイモではなくサトイモ粉を使い
生姜の搾り汁+ビワエキス+二股温泉の素を入れてよく練ります。

練り方が足りないと
肌にくっついてしまうので
このよく練る が大事なポイントです。

ビワ葉は実家に植えたビワの木から
取ってこなければならにので
直ぐには手に入りません。

空き家になってしまった実家の玄関先に植えた
2本のビワの木の今後を考えなければなりません。

ビワの実は
もう完全に落ちてしまったでしょうか?

去年は美味しく頂きました。

父が亡くなってしまってから
まだ2回しか実家を覗きに行っていませんが
荷物整理に行く回数を増やします



posted by chicchi at 23:59| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

お遍路逆打ち3回目-1

6/20 日

77番 道隆寺(どうりゅうじ) 薬師如来  

        お真言   おんころころ せんだり まとうぎ そわか

 
      眼病平癒(へいゆ)を祈願  
      自分の年の数だけ「目」・ 「め」を書き納めると良いといわれいます。
 
      
76番 金倉寺(こんぞうじ)  薬師如来

    お真言   おんころころ せんだり まとうぎ そわか


       大師の甥・円珍(智証大師)の誕生の地といわれています。 


75番 善通寺(ぜんつうじ) 薬師如来
 
    お真言   おんころころ せんだり まとうぎ そわか


     寺の名は弘法大師の父が佐伯善通<さえき よしみち>といい、
   その父の名をとって名付けられました.



74番 甲山寺(こうやまじ) 薬師如来

    お真言   おんころころ せんだり まとうぎ そわか

    弘仁12年(821)、嵯峨天皇により 
    満濃池の修築を命じられた大師は、
    当寺で成功を祈って本尊の薬師如来を刻んで安置しました。

73番 出釈迦寺(しゅっしゃかじ) 釈迦如来

    お真言   のうまく さんまんだ ぼだなん ばく


    寺の背後に立つ我拝師山(がはいしさん)より
    弘法大師7才の時、仏道に入る決意をせんと
    断崖から身を投げたところ、
    釈迦如来と天女が現れ
    大師を抱きとめられたと伝えられている。

   
72番 曼荼羅寺(まんだらじ) 大日如来

    お真言 おん あびらうんけん ばざら だとばん


    境内に弘法大師お手植えの、巨大な円形の 
    傘を広げたような「不老の松」が有名だったのですが、
    残念ながら平成13年に枯れてしまい大変残念です。



posted by chicchi at 23:57| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

お遍路逆打ち3回目

無事帰ってきました。

やっぱり手順は慣れてきていて
先が分かって
以前の様に余り焦らず行うことができたので
ストレスは随分減りました


詳しくは明日アップ致します




posted by chicchi at 22:29| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

父の日と寂しさ

1年に1回の父の日。

去年はどうしていたかなぁ

手帳を見てみたら
何もしていない。

老健に会いにいっていなかった

実家にいた頃から
記念日を大切にする環境になかったように思うのです。

だからこそ自立したら
そういった記念日を大切にしよう・・・とも思わず
唯一気にかけているのは 娘の誕生日だけかな。


去年の母の最後の誕生日には
私は白内障の手術を受けてお泊りでしたし
今年の父の最後の誕生日は
手帳に記帳してありましたが
顔を出しに行ったのか定かではなく・・・


親不孝な娘でした

自己中心的な娘でした

覚悟を決めて生きていかないとダメなんですね。

流されて生きていると
後から大きな後悔が残るように思います。


明日明後日
四国お遍路逆打ち3回目に行ってきますので
アップは明後日?

お遍路所作も少しは慣れてきたかも  なので
スムーズに行えるでしょうか

ただ真言が難しい

1.釈迦如来
2.文殊菩薩
3.普賢菩薩
4.地蔵菩薩
5.弥勒菩薩
6.薬師如来
7.観世音菩薩
8.勢至菩薩
9.阿弥陀如来
10.阿しゅく如来
11.大日如来
12.虚空蔵菩薩
13.千手観世音菩薩
14.十一面観世音菩薩
15.馬頭観世音菩薩
16.大道智勝如来
17.毘沙門天

それぞれのお寺に祭ってある真言を読みます。

詳しくは後日。




posted by chicchi at 23:22| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 寂しさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

━★ かみさまとのやくそく ★ ━━2015.6.15 発刊   Vol.0091

★-- 監督・荻久保則男の「自主上映会レポート」 

12日(土)に熊本市のニコ保育園で行われた復興支援上映会にお伺いさせていただきました。

音楽の炊き出しや リラックス体操、バルーンアートなどの復興支援イベントと並んで「かみさまとのやくそく」
を上映してくださいました。

「お子さんたちはお母さんを選んで生まれてきてくれたんですよ」
と知っていただくことで、地震で辛い思いをされたお母さんたちに元気を取り戻して欲しいんです・・・と、
山下園長先生がお声をかけてくださいました。

ご自身も被災されておられるあるお母さんから、こんなお話をお聞きしました。

現在、セラピストとしてご活躍されておられる彼女が、ヒプノセラピーを学びはじめた頃、
ご自身の過去生でのエピソードを感じることがあったそうです。

夜、当時小学四年生の息子さんと並んで寝るときに、
こんな過去生を見た、こんな過去生での経験を思い出した・・・と、
息子さん相手にお話されていたそうです。

ところが、息子さんとお母さんは過去生で一緒だったことが何度もあったようで、
「あのときは、こうだったね・・・」とか、
「僕もそのときのこと覚えてる・・・」などと返事をしてくれたそうです。

お二人は過去生で親子だったり、夫婦だったり、兄弟だったり・・・と、
様々な形で、しかしご一緒の転生を繰り返していたようです。

息子さんとの こうした過去生に関する対話は、
セラピストとしての彼女の成長に大きな力となったことでしょう。

お母さんがお子さんの過去生記憶をきちんと聞いてあげることで、
親子関係が強固なものとなり、お子さんの自己肯定感が安定する・・・

というお話は何度も聞いたことがありますが、
お子さんがお母さんの過去生記憶を受け入れ、
お母さんのお仕事を励ますというお話に感動しました。

そういえば、別のお母さんから、お子さん姉妹の妹が、
「私とお母さんの魂は2歳くらいだけど、お姉ちゃんの魂は90歳くらいなんだよ」と言っていて、
とても納得しました・・・というお話をお聞きしました。

お姉ちゃんは子どもなのに とても落ち着いていて、
誰とでも相手の魂レベルに合わせた対応ができるんです、と。

魂の年齢って外見ではわからないものですが、
お付き合いするとわかるものなのですね。

魂年齢の高いお子さんって、思い浮かべてみると・・・
たくさんいらっしゃいますものね。

暖かでピュアなエネルギーに包まれた、素晴らしい復興支援イベントでした。

熊本のみなさま、
力強いエネルギーで「かみさまとのやくそく」を抱きしめてくださり、本当にありがとうございます。

また、お伺いできますこと、お会いできますこと、とても楽しみにしております。

これからも、できますこと、応援させてくださいませ。

本当にありがとうございます。

「かみさまとのやくそく」監督:荻久保則男


2016年12月18日(日)

新バージョン「かみさまとのやくそく」上映会名古屋
開催致します。

詳細は、又後日お知らせ致します



posted by chicchi at 22:30| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする