2016年05月31日

ごめんね おじいちゃん 

  1. 父のことを思い出す。

    亡くなって早や10日以上がたってしまった今思い出す。

    背骨を圧迫骨折をして入院先の病院から提携の梅森の老健に入り
    そのまま今の老健に移動して約1年。
    そこで亡くなった。


    梅森の老健は車で30分程かかるのと
    母が生きていたので
    顔見せに行けたのが週に1〜2回。


    今の老健は車で5分の所にあるので
    行こうと思ったら毎日行けたはずだ。

    でも私は行かなかった。

    初めの頃は
    昼間でも4人部屋の自分のベッドで寝ていたが
    昼夜逆転の生活になってしまったので
    昼間は食堂に集められて時間を潰す毎日になった。

    思い出してみると
    梅森の老健の時には「家に帰りたい」と盛んにいっていたけれど
    「今の状態では、一人暮らしは無理だから・・」と
    説得を続けていたら
    徐々に認知症が進み「家の帰りたい」という言葉は
    聴かなくなってホットしていた。

    でも私の中には
    最後は家に引き取って 看取りたい との思いをもっていたが
    それは叶わなかった。

    何故だろう??

    父は糖尿病だったので
    食事制限(カロリー)があり
    母がお世話になっていたディサービスの所に
    お願いするのは、色々無理だろう と判断したことと
    我が家でのカロリー制限も難しいのでは?と
    娘と話し合っていたこと。

    母との暮らしは2年半。

    その内の1年半は娘が大学生と就職先から戻ってくれていたので
    母の介護が出来たのだという思いと
    母が亡くなり、娘が仕事に出かける様になり
    来月から夜週2回の学校に通うことになっているので
    母のときの様な生活が難しいこと。

    などなどこちらサイドの理由付には困らない。

    今考えると
    6日に父の意識が亡くなり
    併設の病院に入院した時が
    自宅に引き取るチャンスだったのかも知れない。

    「血中のナトリウム値が以上に低いので
    ナトリウムを補充する点滴をしましょう」 と担当医に言われてときに
    「延命ではありませんよね?」とお聴きして
    「良くなるための治療です」

    看取り の本を何冊か読み返してみて
    点滴は痰を増やす という箇所にハッとした。

    父も痰が絡まって苦しそうだったし
    去年入院して時には
    昼間起きていたのが
    今回はいつお見舞いに行っても寝ていた。

    亡くなった時の診断書には 脳梗塞 と書いてあるけれど
    意識を失ったときから
    父は死ぬ準備をしていたのではないだろうか?

    老衰 として
    点滴をしなければ
    苦しまず自然に枯れていったのではないだろうか?

    結局病院で死なせてしまった。。

    引き取りたい・・・

    妹たちの反応を恐れてもいた。
    反対されるだろうって。

    だからせめて毎日顔出しをすれば良かったのに
    入所者さんが集められた食堂にいる父に会いに行くのに
    チョッと勇気がいる という理由からしなかった。


    4月のある日
    娘と一緒に会いにいった時の帰り際に
    泣き顔になった父の姿を思い出して
    今私は泣いている。

    最後の望みを叶えてあげられなくてごめんね。
    おじいちゃん。

    そのことで
    今とても後悔している。




posted by chicchi at 00:19| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 悲しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

懐かしいメンバーとクラス会開催

淑徳高等学校のクラス会を
4年ぶりに開こうということで
お世話役3人が集まりました。

そして4年前のクラス会の話になったのですが
何故だか3人とも覚えていない

1次会を開いた 上舞津 のローズコートHでの記憶はあるのですが
過去行われた2次会3次会の記憶が・・・

ない
ない
ないのですよ。


ホテルで撮っ頂いた写真が見当たらない

その写真を探しながら出てきた

今までのクラス会の時の写真。


あの頃君は若かった〜〜

そうそう若くて美しかった(それなりに


あれやこれやの写真を観ながら思ったのは
人生ってあなたもわたしもみんな波乱万丈。

話を聞いてみると
良い人生も辛い人生も波乱万丈。

多分生きるっていうことが波乱万丈なんだろうな

今朝気づいてビックリしたこと。

私の足のくるぶしは
母のくるぶしにそっくりなのですよ

posted by chicchi at 22:46| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

今日の私の運勢

毎日スケジュール帳に書き込んでいる
中日新聞朝刊記載の今日の運勢。


もう何年になりますか

この運勢が
私にはいつもピッタンコ

必ず朝読んでいる訳ではありませんが
一日の終わりに読んでもピッタンコ


今日の 丑年の運勢は

青年は行動して吉なり。
老人は動乱と思われ易し。時相応を知れ。

どういう意味だろう

私はもう十分に老人ですから

動乱と思われる



posted by chicchi at 22:15| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オバマ米大統領と日本人

いやいや
今日の一番のニュースは
米大統領のオバマさんが
71年前
原爆を投下した 広島 を
伊勢志摩サミット終了後に訪れたことは
歴史的なことでした。


オバマ大統領がスピーチした内容は
米大統領というより
一人の米市民としてのスピーチと受け取りました。


でも日本人ってすごいですね。

原爆を落とされて
たくさんの方たちがお亡くなりになり
現在も
その後遺症に苦しんでいらっしゃる方たちが
多くいらっしゃいます。

でも
その行為をも許してしまう日本人って
どれだけ懐の大きな人種なのでしょうか

オバマさんのスピーチにも感激しましたが
被爆者の皆さん
インタビューに答えていらした広島の方々に感動しました




posted by chicchi at 00:27| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

私の今の感性は・・

死んでいる

何も浮かばない・・・

と思いながらも

記事アップは出来てきたのに・・・


何にも浮かばない・・・


お疲れかも




海外旅行は行かない?行けないかも です

でも絶対的に安心なリュックですね。

posted by chicchi at 23:26| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

寂しい

無事韓国旅行から帰ってきて2日が過ぎました。

今日は岐阜の多治見に
次のイベント候補の場所(多治見修道院)を女性4人で見学。


4月の上映会「ひかりの国のおはなし」を
一緒に企画・実行した仲間です。


朝の10:30〜4:30頃まで喋りました

分かれてから
地下鉄で家まで帰ってきましたが
駅から家までの距離を歩いている時に
スッゴク寂しくなってしまいました

母がいなくなって半年後に父が亡くなり
老健が近かったこともあって
週に多い時は3〜4回通っていましたが
それも出来なくなりました

こんなに寂しいなんてね・・・

母親92才 父親91才

両親とも長生きをしてくれましたが
私は二人とも
大好きだったんだ ということに
失ってみて気づいたのです


received_1704091316524714.jpeg










DSC_0262.JPG


DSC_0263.JPG
posted by chicchi at 23:24| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寂しさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

色々

8日の午前中父のお世話になっている病院からの電話。

電話がかかってくるときは良状態ではない時がほとんどで
この日も
「今朝から意識がないので個室に移しましたので
早めに来てください」

この日は かさこ塾最後のセミナーで
皆さんの前でのプレゼン発表があるので
最後の資料つくりをしていた所でした。

散らかしたまま出かけて
この日の午後は病院へ。


個室での父は
頭の思い切り後ろに反らして体勢で
酸素マスク装着と血圧・心拍数を計る装置をつけられていました。

苦しそうな大きな声を上げながら呼吸をしています。

そんなに長くはない・・・

それでも2時間頑張ってお昼の12:38分に亡くなりました。

その間一人でズット付き添いながら
父の手をマッサージして過ごし看取ることができたのです。

亡くなって数分後にダンナが到着。

1時間後に三女が
2時間後に娘がお別れを言うことができました。

看護師さんに身体を綺麗にして頂いて
母の時と同じ
実家の前を通って斎場に。

この日は父の傍でダンナと二人してお泊りです。

今日お通夜の参加して
明日からどうしても外せない旅行に向います。


今回の旅行は
私が旗を振って参加者さんを募集して
現地で大切な人たちにお会いする という企画物です。

旅行の前に父が亡くなったら旅行は諦めよう と
思っていたのですが
この企画を
現地をよくご存知の東京の同行者さんに
(名古屋からの参加者8名)
丸投げすることは出来ないな・・という思いと
父とは十分お別れができたこと
次女家族が喪主を代わってくれる という申し出も受け入れたい という
思いとが交差して
今朝今日の告別式をご無礼させてもらおう と決心がつきましたが
三女はプンプンです

「告別式後の初七日会食に3人姉妹の誰もでないなんて
(自分は仕事が休めない為会食不参加)
父に対して失礼だ!!」

次女は「喪主代理はやるから行っておいでよ

う〜〜〜ん

どちらもなるほど・・・

でも私は今日告別式はお任せして飛行機に乗ります。

行かないと後悔する気がするのです

帰りは月曜日です。

かさこ塾のプレゼンは参加できず残念




posted by chicchi at 01:46| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

プレゼン

「好きを仕事に!」
かさこ塾の最終日が明日なのですが
最後は生徒私たちが参加者さんの前で
自分の考えたテーマをプレゼンテーション致します。

プレゼンとは
情報伝達手段の一種で、聴衆に対して情報を提供して
理解 納得を得る行為を指します。

持ち時間は3分間。

かさこ塾のプレゼンは何でも良いですよ と塾長が仰るので
私は、以前娘が通っていた幼児科のCDの中の曲を使って
リズム打ち?を体験して頂こう と思って
色々準備をしています。

ですから
午後7時からの 韓国楽しむ 古家正享さんの講座はお休みしました。


まだまだこれから色画用紙に
リズムを貼りつけたりしなければいけません

YAMAHA関係の時はほとんど緊張しないのですが
明日はどうでしょう

チキンな私が出てくる


posted by chicchi at 20:42| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

松尾泰伸さんコンサート

先週の土曜日の話ですが
スケターの羽生結弦選手が滑る
東日本大震災鎮魂曲「天と地のレクエイム」の作曲
松尾泰伸さんのコンサートに行ってきました。

スケート曲としては短いバージョンで演奏されますが
当日は完全版で聞くことができました

しかも演奏会場はビルの9階にある
窓から光が差し込むつくりになっていて
松尾さんは光が差し込む前にピアノを置いて演奏されたのです。




Pices of Dream  夢の記憶
このはなさくひめ   霊峰富士に捧げる
Delight         喜
アクアリウス      創生!

MC

風を待つ        会場に熊野の風を!
ANCENT ROARD  熊野古道のテーマソング
いのり 2015     熊野のテーマ NEW

MC

天と地のレクイエム  3・11 東日本大震災鎮魂曲
AI(あい)2015    愛 NEW
ROOTS        人類のDNA 命のキオク

私は 一番前で鍵盤が見える席からピアノまで2mほど一等席。

演奏終後の主催者さんとのお話セッションでは
思わずイスを後ろに移動してしまうほどの距離でした



映っている後姿最前列右側が私です



リハーサル中にでた 虹色の龍(松尾さんインスタから)



ハロ(昼間は太陽の周りに見えるハロ)松尾さんのインスタから

松尾さんの演奏されるピアノには
何かが宿っている=乗り移っている感じがします。

天と地のレクイエム も上から降りてきました と仰っていました

お話が終わって当日の締めは
天と地のレクイエムショートバージョンでした。




posted by chicchi at 23:58| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

四国お遍路の旅2

1回目の先達さんは女性で
今回は、説明会にもいらしていた 大澤さんという75歳の男性。

野球の大澤さんのご親戚(タレント大澤あかねさんの祖父)だそうです。

以前は会社勤めをされていたそうなので
リタイアされてからお遍路の旅を続けて
先達さんになられたのでしょうか


各お寺の歴史をお話されるということは
当然日本の歴史にも詳しくて
色々なお話を聞かせて頂けるのですが
歴史は面白い

歴女に憧れます


白衣・輪袈裟・金剛杖・納め札・線香・ローソク・納経帳




私はこの格好で 袖なしも白衣もあります。




逆打ち用納経帳

この中に訪れたお寺のサイン?を頂くのですが
そのサインがとってもステキなんです。

写真がないのが残念です

次回はアップ致します。

今は物騒な世の中なので
歩きお遍路は減っているそうです。

1巡目はバスツアーを選びましたが
金銭的な余裕(歩きの方がお金がかかるようです)と
体力・時間が許せば
お参りの仕方は分かってきたので
ゆっくり自分のペースで
歩きお遍路もいいかも・・ですね



珍しい3つの鳥居ですが、どこのお寺なのかは



樹齢1600年の白猴欅(はっこうけやき)
根香寺(ねごろじ)
posted by chicchi at 23:41| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする