2015年01月30日

寄り添って生きる

NHKスペシャル  シリーズ東日本大震災
傷ついた人に寄り添って
被災地を支援して20年

看護師 黒田裕子さん 享年73歳

*それまでの地位を捨てて何の見返りも求めず被災地へ

*人生の旅の荷物は夢ひとつ(座右の銘かな・・)

*「その人の苦しみはその人にしかわかりません。
 だけど、解ろうとする私が側に居ますよ。と伝える事が大切です。」

*最後の一人まで見捨ててはいけない、人間だから


スゴイ方です。

阪神淡路大震災が起こった時
被災されて生き残った方たちを孤独にしてはならない・・・
という思いから
大きな病院での副看護師さんという立場を捨てて
被災地にボランティア看護師として入り
東日本大震災の時も
2011年3月12日には気仙沼にはいっていらっしゃいました。


ご自分の身体よりも
傷ついた方たちのことをフォローすることを
第1に考えて行動していらしたので
肝臓がんから肺に転移して余命宣告をされて
昨年の9月に故郷でお亡くなりになりました。


病床にあっても
最後の最後まで弱者の方たちを
どうやったら助けることができるのだろうか・・・
考えていらした方でした。

お世話になった方々
指導を受けた看護師の方々
一緒に頑張った多くの方がたに
たくさんの大きな大切なことを残していかれました。

この番組を観た私も
忘れかけていたことを思い出すことができました。

ご冥福をお祈りいたします。



posted by chicchi at 23:25| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

アレッ

今日って何していたっけ

午前中に届く荷物を待って 受け取って
足に出来た靴ズレ治療に外科に行って
洗濯物を乾かしにコインランドリーに行って
買い物をして帰ってきた・・・


フム

たまにはこんな過ごし方も良いけれど
毎日だと
それこそ今日は何曜日ということも
すぐ思い出せない日々を送ることになるので
明日からは
少し頑張って(私はこの言葉が好きですねぇ)みよう



今は 心理学 をかじりにカルチャーセンターに通っていますが
何か資格が取れるといいなぁ とは思っています。

YAMAHA以外
な〜〜んにも資格を持っていないので

前期高齢者(65〜74歳)になってしまったにしては
元気な方ですかね

少々身体が付いていかない と感じる点だけを除けば




posted by chicchi at 23:49| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

悲惨な事件

イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」による人質事件で
日本人の湯川遥菜さん(男性)が殺害された という情報が入り
当時捕らわれた湯川さんを助けようと現地入りして捕らわれてしまった
後藤健二さん釈放を願って
世界中のたくさんの人たちが立ち上がっています

私も微力ながら引き受けて祈っています。

そうしたら
今度は名古屋で名古屋大学の19歳の女生徒が
77歳の女性を
人を殺してみたかった  という
今まで何回も聞いた殺害理由で殺害し放置。

この女生徒は
過去の精神的異常者を崇拝する発言をしていたということですが
こういった子供たちの生い立ちは


子供は親を選んでくる

映画「かみさまとのやくそく」

親 世間(私たち)に
大切な何かを気づかせる為に生まれて来た・・・

悲しい事実


posted by chicchi at 22:51| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 悲しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

上手くいくといいのですが・・・

娘が就職先を退職したい と決めてから数ヶ月が過ぎました。

12月中旬に店長に話を持っていって
今年に入って進展した というので
今日住まいにある
タンス 冷蔵庫 炊飯器 諸々を
元の自分の部屋に
運送屋さんをお願いして引越ししてきました。


他の従業員さんの話を聞くと
辞めたい と上に話を持っていってから
実際に辞めるまで数か月から1年かかるようです。


ところが娘の場合は余りにも順調なので気になり
よくよく聞いてみたら

祖父母の介護 資格を取る為の勉強

理由に挙げての離職願いを考えましたが
祖父母の年齢92才90才をいった時の驚きが尋常じょうじゃなかったようで・・・


そりゃぁそうです51691.gif

普通の家庭は
子供20歳代 親40歳代 祖父母70歳代 がほとんどなのですから62093.gif

笑っちゃいました51480.gif


でもここからが正念場。

どのお店でも従業員不足なので
中々辞めさせてもらえないのが現状だすから47585.gif


次のステップに向けての脱皮だと思っているので
躓きながらの頑張って乗り越えて欲しいものです48947.gif





posted by chicchi at 21:40| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

感動的な話

「なぜ犬の寿命は人間よりも短いのだろう?」
大親友だった愛犬がこの世を去った時、少年が語った感動の答え。

犬はペット以上の存在。家族の一員であり、人類の親友とも言われている。

彼らは無条件でわたしたちを愛してくれ、なんの見返りも求めない。

こちらが愛情を示せばそれを何倍にもして返してくれる。
だが悲しいことに動物の寿命は人間のそれよりもはるかに短い。

6歳の少年、シェーンには
アイリッシュ・ウルフハウンドのベッカーという名の愛犬がいた。
ベッカーは、物心ついたときからずっと
シェーンのそばにいてくれる文字通り親友だった。

悲しいことにベッカーは10歳にして末期がんに侵され、
余命あとわずかとなってしまった。

残された家族の悲しみは筆舌に尽くしがたいものがあった。

そしてまた、その親友を見送った後の少年の言葉もまた、
涙なくしては語れないものだった。

これは、その様子を見ていた獣医の話である。

獣医のわたしが呼ばれ、
10歳のアイリッシュ・ウルフハウンドのベッカーを診察した。

飼い主のロン・リサ夫婦、特に息子のシェーンは、
ベッカーをとてもかわいがっていたので、
なんとか奇跡が起こらないかと願っていた。

しかし、ベッカーは末期のがんに冒されていて、
もう助かる見込みはなかった。

末期がんの苦痛は相当なものだ。
家族には家で安楽死をさせてやるのがいいと助言した。

ロンとリサは、この体験からきっとなにか学ぶものがあるだろうから、
6歳のシェーンにも安楽死の場に同席させたいと言ってきた。

翌日、死にゆくベッカーのまわりに家族が集まった。
シェーンは静かに、最期の瞬間までベッカーを抱きかかえていたが、
どこまでこの状況を理解しているかはわからなかった。
しばらくして、ベッカーは穏やかに息をひきとった。

シェーンにも、ベッカーが苦しむことなく、
別の世界へ旅立ったことがわかったようだった。

その後、どうして動物の命は人間よりも短いのかということについて、
みんなでひとしきり話した。
静かに聞いていたシェーンがいきなり言った。

 「ぼく、どうしてか知っているよ」。

みんなは驚いてシェーンを見た。
そして、次に彼の口から出てきた言葉に驚いた。
私はあれほど心が慰められる言葉を聞いたことがない。
彼はこう言ったのだ。

 「人間はみんな生まれてきてから、
 人を愛したり、
 幸せな人生を送る方法を覚えるんでしょう? 

 でも犬は、生まれたときから
 もうすでにその方法を知っているから、
 長く生きる必要がないんだよ。」


犬の愛と健気な心ほど美しいものはない。
だから、彼らが逝ってしまうのを見るのは死ぬほど辛い。
でも、彼らを見送る日がきたときは、
シェーンの言葉を思い出して欲しい。

そして彼らが身をもって教えてくれた、本当の愛、
何気ない日常の中の喜び、命の重さをかみしめながら、
「出会えた」ことに心から感謝したい。

「いつもそばにいてくれて本当にありがとう。
人生において大切なこと、教えてくれて本当にありがとう。」 と。


0_e14

子供は 神様に近い存在ですから・・・
posted by chicchi at 22:16| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

次に向かって

自分の中の大きなイベントが一つ終わり
今日は同じ仲間の先生の発表会のお手伝い。

自分の発表会は
数年前を最後に開催することなく過ごしているので
とても新鮮でした

今回は
発表会参加生徒さん一人ひとりの名前・曲目・顔写真が
パワーポイントで作成されているデーターを
影アナが読み上げるタイミングでクリックする・・・
これが仕事でした

いつものように会場内にパソコンを持ち込んでのクリックだと思っていましたが
今日は会場後ろにある 関係者以外立ち入り禁止 
会場後ろのスタッフ席に入り込んで
一人での作業だったので
思った以上に緊張しましたが
マァマァの出来栄えだったでしょうか


幼稚園内にある教室の発表会だったので
小さな生徒さんが演奏する姿も微笑ましかったですね




小さな生徒さんたちによる 妖怪ウイッチより 妖怪体操


その後
担当講師さん お手伝いの先生方とファミレスで
2時間ほどお喋りをして帰ってきました

明日は免許書の更新に平針まで行って
帰りに父の所に寄って帰ろうと思っています。

忙しかったので
父に会うのも1週間以上たってしまいました

posted by chicchi at 23:09| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

終わりました

卒業イベント


朝の10時30分から始まり午後6時まで
たくさんの方々とのご縁を頂き
又ご縁を再確認したイベントでした。


その後
7名による打ち上げから帰ってきて今感じることは至福感

人類皆兄弟って感じの至福感。
充実感。


こんな気持ちになれるのはそんなに多くありません。

今私はとても自分に合った所にいる そんな気がしています

でも人は関わる所によって色々な顔を持つものなので
この場所も居心地の良い場所であることは確かです



posted by chicchi at 23:28| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

卒業イベント

明日は 星野サーシャさん教室主催の
卒業イベントがあり
9時会場入り
18時まで自分が学んだ事を発表するイベントがあります

私はチャクラを観させて頂いて
アドバイスとパワーアップのお手伝いをさせて頂きます

まだシッカリ 全然頭に入ってないんですよね

段々記憶力がなくなっていく〜〜〜〜〜〜〜〜〜
集中力がない〜〜〜〜〜〜〜
開き直りも早くなった

今日はYAMAHAの新年会でした。

何年か振りに 中華料理を楽しみました

その後5人で又お茶会。

今期で仕事を辞める方がいらして
ペチャクチャペチャクチャ2時間以上もおしゃべりして終会となりました


そうそう恒例の「今年に込める私の漢字一文字」は

開 にしました。

去年は 前 今年は 開

公私共に大きな発展がある年にしたいですね


posted by chicchi at 22:34| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

憧れの方

そう私には憧れの女性の方がいます

私より2〜3歳年上の女性の方のですが
ガンと言う病気を患ってからのご縁なので
それこそ10年は昔〜のご縁ということになります。

その方はとても魅力的な女性で
到底私には考えつかない切り替えしをしてくださいます

粋な計らい と申しましょうか・・
とてもスマートなので
頑張ります!!という気持ちになってしまうのです

こんな風に生きていきたい。
こんな柔らかな対応が出来るようになりたい
そう思っています


そして
ここへ来て
多くのガン患者さんととのご縁を感じています。


その件で
お役に立てることはないか・・・思案しています。

みなが頑張っていらしゃいます

そして私もそれなりに頑張っている
そんな気がしています




posted by chicchi at 23:02| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 喜び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

空港で忘れ物を届けてくれる犬がいる




犬が機内の忘れ物を持ち主に届けてくれる航空会社が
オランダにある
posted by chicchi at 19:02| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする